お湯採り

お湯採り

お湯採り

ハンドリングボックス内のお湯採りコイル

ハンドリングボックス内のお湯採りコイル

BL認定(BL-bs部品)

家庭で使用するエネルギーの内、低温の熱エネルギーの占める割合は約半分です。春から秋にかけて、OMソーラーはお湯採りに使用します。おおよそ1日に30~50℃のお湯を、約300リットル程度作ります。
ハンドリングボックス内にある、お湯採りコイルで集熱空気で温め、お湯採り配管で不凍液を循環させて貯湯槽の水を温めるしくみです。 あまり集熱できないなどで貯湯槽の湯温が低いときには、給湯ボイラーで沸かしますが、水から沸かすのと比較して燃焼エネルギーを抑えます。例えばお風呂用に40℃のお湯を沸かす時、水温15℃の時期で、貯湯槽のお湯が35℃だったら、5000KCal以上のエネルギー差がでます。
集熱パネルと貯湯槽は、BL認定(BL-bs部品)*を取得しています。

詳細図
  • DC貯湯槽

    DC貯湯槽

    太陽電池で動く貯湯槽。別売の給湯ボイラーを追加します。

    PDF(1.08MB)

  • OM貯湯槽

    OM貯湯槽

    商用電気で動く貯湯槽。別売の給湯ボイラーを追加します。

    PDF(1.08MB)

  • 太陽熱利用ガス給湯暖房システム(HSG)

    太陽熱利用ガス給湯暖房システム(HSG)

    ガス給湯機能が追加された貯湯槽で温水暖房にも使用

    PDF(1.20MB)

  • エコキュート・ソーラーヒート(SHE)

    エコキュート・ソーラーヒート(SHE)

    深夜電力利用のヒートポンプ給湯機能が追加された貯湯槽

    PDF(1.08MB)

  • 太陽熱利用エコキュート(HSE)

    太陽熱利用エコキュート(HSE)

    深夜電力利用のヒートポンプ給湯機能が追加された貯湯槽

    PDF(1.25MB)