シロアリについて

シロアリは住宅に使われる木材や畳などを食べることがあります。その食害の範囲や部位によっては、構造的な問題(耐震性の低下など)を引き起こす可能性もあります。したがって、当然シロアリへの対策をきちんと考えておく必要があります。ただ、OMソーラーの家では、空気の通り道となる床下を室内空間の一部と考えますので、床下空間などに薬剤散布をすることは絶対に避けなくてはなりません。住む人の健康や環境に配慮し、薬剤に頼らないシロアリ対策を行います。
以下に、シロアリの性質などを解説しながら、当社のシロアリ対策に対する基本的な考え方を述べます。

シロアリ対策の整理とポイント

シロアリ対策には次のような3つの大きなポイントがあります。

  1. 被害に至るまでの予防
  2. 被害を最小限に抑える工夫
  3. 被害に遭ったときの駆除などの措置

これらを総合的に考えていくことが、適切なシロアリ対策となります。

1.被害に至るまでの予防

シロアリの被害のほとんどは、住宅に使われる木材にシロアリが到達したときから始まります。具体的には「土台」「束」「大引き」などです。シロアリをここまで到達させなければ、シロアリによる被害は抑えられるわけです。このために行われる措置は次のように分類できます。

  1. 物理的にバリアをつくる
  2. 土壌に薬剤処理を行う

また木材(土台など)への薬剤処理が一般的に行われていますが、これも「予防」の効果があると考えてよいものです。シロアリは齧った部材に強い違和感を感じたり、それを食べた仲間が死ぬことで、その場所での活動を停止する性質があると考えられているからです。

ここで極めて重要なことは、どのような予防措置も「完璧」ではないということです。何らかの策が「完璧」であると過信してしまうと間違いを引き起こします。もちろんできる限りの予防措置は講じるべきですが、それだけに頼らない姿勢が重要です。

2.被害を最小限に抑える工夫

予防策に完璧はないという「事実」を考えたとき、被害を最小限に抑える工夫が必要になります。これには次のような事柄が挙げられます。

  1. 木材に薬剤処理を行う
  2. シロアリに強い樹種を使う
  3. 被害やシロアリの活動が早期発見できるようにする

木材に薬剤処理を行うことは予防的な役割とともに、被害を抑える働きをします。またシロアリに強い樹種を使うことも同様です。

ここでとくに重要になってくるのが、3.の「早期発見」という考え方です。早い時期に発見できるほど駆除などの対策が容易になり、また改修工事などの金額も抑えられます。具体的には、「定期的な点検を行う」「床下のあらゆる場所が目視できるようにしておく」というような内容になります。

3.被害に遭ったときの駆除などの措置

シロアリの被害が確認されたときには、その被害の状況によって「部材を交換する」「駆除する」という措置が必要になります。とくに構造的に重要な役割を果たしている材料が被害に遭ったときには、慎重で確実な措置が必要です。また当然、被害を広げたり、被害の再発を防止するために確実に駆除しなければなりません。

シロアリ対策における基本的な考え方

予防や被害を抑えるために薬剤は有効な措置のひとつですが、こうした薬剤には室内の空気を汚染する恐れがあるものもあるため、まずは「薬剤に頼らない」というスタンスで臨みます。従って、予防措置としては「物理的にバリアをつくる」ことを基本に考えます。また被害を最小限に抑えるために、「早期発見のための措置や態勢」を基本に置きながら、シロアリに強い樹種を使うなどの対策を行います。

また住まい手から薬剤を使ってほしいというご要望があったとき、予防などに薬剤を使うことが合理的であると判断したとき、実際の駆除を行うときなどについては、薬剤の安全性を確認し、その内容を住まい手にきちんとお伝えして使うようにします。

とくに駆除については、薬剤を使わざるを得ないわけですが、薬剤を大量に使うような駆除方法は避け、綿密な調査に基づく、シロアリの生態を利用した方法を取るようにします。このことによって、安全性と確実に駆除することの両立を図ることができると考えます。

シロアリ対策の具体的な対策

OMソーラーの家の床下空間は、高温の乾燥した空気が送り込まれるため、基本的にはシロアリの繁殖や生存がしにくい環境ではありますが、外壁からの雨の浸入、エアコンのドレーン配管、配管貫通部の結露、一般的な雨漏りなどによって、生息できる条件(食料・水分・温度)が整った場合、あるいは、床下空間にわずかな隙間(コンクリートのクラック等)が生じた場合、建物に進入してくる可能性があるためです。

シロアリ対策そのものはOMソーラーの家なので薬剤は絶対使わないこと。その他は一般の住宅と変わりません。予防策と日頃からのチェックが重要です。

これらのことを踏まえ、OMソーラー(株)では、OMソーラーの家における以下のようなシロアリ対策を会員工務店へ勧めています。

具体的な対策

一般的な住宅では床下や地盤面から約1メートルの範囲で木材に薬剤を散布しますが、OMソーラーの家では、空気の通り道となる床下を室内空間の一部と考えますので、床下空間などに薬剤散布をすることは絶対に避けなくてはなりません。住む人の健康や環境に配慮し、薬剤に頼らないシロアリ対策を行います。

OMソーラーの家における対策としては、シロアリが物理的に進入しにくいように、基礎の立ち上がり部分と蓄熱コンクリートが一体となるような施工が効果的です。木部には防蟻性の高い樹種を使用することで、従来の薬剤の土壌処理に頼らないシロアリ対策をとります。また、あわせて下記のような対策を行うと効果的です。

万一、現在の家屋にシロアリ被害が出ていたり、シロアリが多く生息する地域では、さらに下記のような対策を勧めています。

防蟻対策にはそれぞれ長所・短所がありますので、詳しくはメーカーや販売店にご相談ください。いずれにしても、人体や環境への影響が少ない方法を検討することが肝心です。

OMソーラーの家でシロアリが発生してしまった場合の対処は?

シロアリの発見は、5月の連休辺りから発生するシロアリの羽蟻から分かることが多いです。

対処方法としては、まず、その羽蟻が家の内部から発生したものなのか、外から入ってきたのかを確認します。家の中から発生しているようであれば、室内や床下を点検してシロアリの羽蟻の発生場所を確認しなくてはなりません。シロアリの羽蟻の発生箇所の多くは床下です。シロアリの羽蟻が出てきている場所には羽などが散乱しています。床下空間が狭い場合は、床吹き出し口あるいは点検口などから、ビデオカメラやデジタルカメラなどを利用して確認してください。

実際にシロアリや羽蟻等が確認されたら、早めの対処を行う必要があります。この場合の対処方法については、前述したベイト工法などから選択していただくことをおすすめしております。