OMX 住まい手の声Vol.2

山口県下関市 廣瀬さま

OMX 住まい手の声Vol.02 山口県下関市 廣瀬さま

住宅営業のプロだから、ここまで解るOMXの魅力

2018年6月、OM会員工務店「株式会社安成工務店」(以下安成の家)の営業をしている廣瀬さんは、山口県下関市に自宅を建てました。
タイミングは、多くの人が家づくりをするのと同様に、子どもが小学校に入学する時期に合わせて。
「安成の家」の魅力を伝える豊富な知識を持つ一方で、どんな些細なことでも気持ちを解ってくれそうな温かい雰囲気を持ち合わせているからでしょうか、数多くのご家族の相談相手として慕われている廣瀬さんに、ご自宅の家づくりについてお話いただきました。

笑顔を絶やさない廣瀬さんだが、住宅の佇まいについて話すときの目は真剣そのもの。
笑顔を絶やさない廣瀬さんだが、住宅の佇まいについて話すときの目は真剣そのもの。

美しい佇まいを損なわない空調計画は、意外と難しい

「安成の家」は山口県・福岡県エリアを拠点とした地域工務店。材料の調達、施工の過程、その地域の景観となる住宅のデザインに至るまで、将来に渡って地域を守り育てるという視点を大切にしています。「美しい佇まい」は、「安成の家」に欠かせないキーワードです。
住宅の魅力を伝える立場だからこそ解る、空調計画との両立の難しさについて、廣瀬さんはこのように語ります。「住宅の多くのプランにおいて、リビングは日当たりのよい南に面していますが、家族の集うメインの居室となるためエアコンは必ずといっていいほど設置されます。そうすると、リビングの目立つ位置にエアコンの室内機が見えてしまうばかりでなく、その部屋の外側に室外機が露出して設置されることになります。佇まいの”顔”となる場所に室外機が置かれるんです。そのうえ、現在の家づくりにおいて、エアコンが1台だけのわけがありません。寝室、子ども部屋などにも設置すれば、どの方位から外観を眺めても必ず室外機があるということも起こり得ます。」OMXはこのような当たり前とされてきた問題を解決する機器だと続けます。「OMXならば、たった一台設置するだけ、しかも居室にむき出しになることはありません。小屋裏に納まり、そのうえ室外機も一台だけで目につかない場所に設置可能です。設計者の視覚的な”ねらい”を妥協することなく、設備計画を立てられます。」

廣瀬邸のリビングと、リビング南面のデッキ。空調設備はなく、美しい佇まい。 廣瀬邸のリビングと、リビング南面のデッキ。空調設備はなく、美しい佇まい。
廣瀬邸のリビングと、リビング南面のデッキ。空調設備はなく、美しい佇まい。

リビングとダイニング、キッチン、和室とがワンルームのように繋がる廣瀬さんの家は、平屋プランに小屋裏を備えた大空間。住宅性能やダクト計画を重視する「OMX」を設置するにあたって特別に課題はあったのか、という問いに対しても「安成の家は、もともと使う素材も性能も良いですから。いつもの仕様のままです。」と答える廣瀬さん。技術や経験をもった工務店だからこそ、この快適な環境を創りだせることが解ります。

一階のリビングダイニング、キッチンと和室がつながる空間と、2階ロフトもつながっている。ひとつながりの間取り全体を、冷暖房しているが温度ムラは感じないそう。 一階のリビングダイニング、キッチンと和室がつながる空間と、2階ロフトもつながっている。ひとつながりの間取り全体を、冷暖房しているが温度ムラは感じないそう。
一階のリビングダイニング、キッチンと和室がつながる空間と、2階ロフトもつながっている。
ひとつながりの間取り全体を、冷暖房しているが温度ムラは感じないそう。

掃除の手間もかからない

OMXのフィルター類。
OMXのフィルター類。

法律で設置が義務付けられている換気設備もOMXは”全熱交換換気”という冷暖房の熱を逃がさず換気する設備として備えています。日常のエアコンフィルターや全熱交換換気のフィルターの掃除の手間も、OMXたった1台分の掃除で済ますことができることを考えると、家しごとの軽減度合いは計り知れません。

自宅を建ててはじめて気づいた、ほんものの「開放感」

帰宅後、夕食を楽しみ、アクアリウムを眺めて過ごすお気に入りのスペース。
帰宅後、夕食を楽しみ、アクアリウムを眺めて過ごすお気に入りのスペース。

廣瀬さんは、マイホームは高価な買い物ですが、家づくりをして本当によかったと話します。「お客さまをモデルハウスにご案内する際も、床暖房の快適性や健康性について充分理解していましたし、説明することもできました。でも、住みはじめて、本当の意味を理解したんです。帰宅して、靴下をぬいで素足で床を歩く、この瞬間に訪れる開放感、これまでは頭で理解していただけだったんだと気づきました。」冬も素足で心地よいのは、OMソーラーの製品群を導入する「安成の家」の特徴のひとつ。営業としてその価値を充分理解していたはずの廣瀬さんですが、お客さまを迎えるモデルハウスでは、根本的に心構えが異なります。
以前の住まいと比べても、帰宅後の過ごしかたが明らかに変わりました。以前は、テレビの前で何が観たいというわけでもないのに、ボーッと画面を眺め、いつのまにか時間だけが過ぎていて、ということを繰り返していましたが、いまは、そのように時間を浪費することはなりました。「夕食を楽しんだり、念願のアクアリウムの魚を鑑賞したり。そういえば、あまりソファには座ってないですね。

引まるでモデルハウスのように整えられた廣瀬邸。見学会場として使われる機会も多く「常に整えなくてはならなくて大変そう」と取材に伺って内心感じたのもつかの間、実は、そこには”内玄関”というマジックがあったことがわかりました。雑然としがちな生活のモノたちを納める棚や、廣瀬さんの趣味のアクアリウムの手入れをするスペースが、コンパクトにまとまった家族専用の玄関です。これも、さまざまなお客さまの悩みの相談を受けてきた廣瀬さんの”引き出し”のひとつなのでしょう。家づくりをする際には、快適な環境をつくる経験豊富な工務店と、よい”引き出し”を持つアドバイザーを探すことが大切だとわかります。 引まるでモデルハウスのように整えられた廣瀬邸。見学会場として使われる機会も多く「常に整えなくてはならなくて大変そう」と取材に伺って内心感じたのもつかの間、実は、そこには”内玄関”というマジックがあったことがわかりました。雑然としがちな生活のモノたちを納める棚や、廣瀬さんの趣味のアクアリウムの手入れをするスペースが、コンパクトにまとまった家族専用の玄関です。これも、さまざまなお客さまの悩みの相談を受けてきた廣瀬さんの”引き出し”のひとつなのでしょう。家づくりをする際には、快適な環境をつくる経験豊富な工務店と、よい”引き出し”を持つアドバイザーを探すことが大切だとわかります。 引まるでモデルハウスのように整えられた廣瀬邸。見学会場として使われる機会も多く「常に整えなくてはならなくて大変そう」と取材に伺って内心感じたのもつかの間、実は、そこには”内玄関”というマジックがあったことがわかりました。雑然としがちな生活のモノたちを納める棚や、廣瀬さんの趣味のアクアリウムの手入れをするスペースが、コンパクトにまとまった家族専用の玄関です。これも、さまざまなお客さまの悩みの相談を受けてきた廣瀬さんの”引き出し”のひとつなのでしょう。家づくりをする際には、快適な環境をつくる経験豊富な工務店と、よい”引き出し”を持つアドバイザーを探すことが大切だとわかります。

まるでモデルハウスのように整えられた廣瀬邸。見学会場として使われる機会も多く「常に整えなくてはならなくて大変そう」と取材に伺って内心感じたのもつかの間、実は、そこには”内玄関”というマジックがあったことがわかりました。雑然としがちな生活のモノたちを納める棚や、廣瀬さんの趣味のアクアリウムの手入れをするスペースが、コンパクトにまとまった家族専用の玄関です。これも、さまざまなお客さまの悩みの相談を受けてきた廣瀬さんの”引き出し”のひとつなのでしょう。
家づくりをする際には、快適な環境をつくる経験豊富な工務店と、よい”引き出し”を持つアドバイザーを探すことが大切だとわかります。

間取り図