2008年3月21日 金曜日

庄内中学3年生の皆さんがやってきました

カテゴリ: 環境教育

デッキにて。2008年2月22日(金)、28日(木)、29日(金)に、浜松市立庄内中学3年生の皆さんが地球のたまごにやって来ました。

同校には、これまで「選択理科」の授業を受講している生徒の皆さん向けに何度か授業のご協力を行ってきましたが、今回、「中学生活最後の思い出づくりも兼ねて全員でエネルギーについての学習をしたい」という学校側の希望もあり、クラス単位で3回に分けてお越しいただきました。

約2時間にわたる授業の中では、エネルギー・環境についての学習や、温熱環境のこと、OMソーラーのことなどを、実験なども交えながら学習しました。

ハンドリングを前に説明中。
OMソーラーのしくみを、実機を前にしながら説明。

コリドールにて。 ダクトの中に手を入れてみる。
【左】大好評だった建物見学。連続した木組みの美しさに、「こんなところに住んでみたい」という声が聞かれました。
【右】屋根で温められたOMの空気を体感。「あったか〜い!」とこちらも大好評。

温熱環境についての学習の中では、昨夏、同校におじゃまして撮影したサーモカメラの画像も登場しました。学校の中の涼しい場所・暑い場所、1階、2階、3階の廊下の温熱環境の違いなどがひと目でわかり、生徒たちが顔を見合わせて笑い合ったり、納得しあったりするひとコマもありました。

カフェテリアにて。
学校の中のいろいろな場所の温度を目で確認。

また、建物見学をはさんで後半には、木、石、発砲スチロール、金属といった素材の違いによる体感温度の違い実験も行いました。「触ってみると冷たい・あったかいがあるのに、温度計で計った表面温度はほぼ同じ」という事実を、多くの生徒が何度も素材に触れたり温度を計ったりしながら確かめていました。

体感温度を確かめる。異なる素材を触って代表者が温度を予測。暖かいと感じた発砲スチロールと、冷たいと感じた石の表面温度がほぼ同じだということに、多くの生徒が驚きの声を上げた。

生徒の皆さんにとっては、卒業間近、受験シーズン真っ最中という時期ではありましたが、今回学んだことを卒業後も覚えていてくれたらなぁ、と感じる授業となりました。

OMソーラー株式会社 / 社屋「地球のたまご
〒431-1207 静岡県浜松市西区村櫛町4601 [ Tel ] 053-488-1700(代)[ Fax ] 053-488-1701
Copyright © 1997-2008 OM Solar Co., ltd. All rights reserved.