2007年6月10日 日曜日

会員工務店のお客さまが見学にみえました

2007年6月10日(日)、OMソーラー協会会員工務店主催のツアーで、お客さま7組15名が「地球のたまご」に見学にいらっしゃいました。見学のテーマは、「周りの環境に呼応した暮らしの実現。その手掛かりを、探しに行きませんか」。

OMソーラー協会・会員工務店

カフェテリアにて、OMソーラーの説明。

冒頭にOMの起源や名前の由来などOMの裏話や、ハンドリングボックスの現物をみながらのしくみの説明を行い、建物見学ではダクトの中に手を入れて温められた空気を実感されていました。また、屋内に置かれている椅子に順々に座って、木のぬくもりを実感していらっしゃるようでした。

ハンドリングボックスの説明。
ハンドリングボックスの説明。ハンドリングボックスは、屋根で熱くなった空気を床下へ送ったり、外へ排気したりします。皆さん熱心に耳を傾けていました。

熱い空気が流れるダクトに手を入れてみる 床下からも暖かい空気が!
ダクトや床下に手を入れて空気の熱を体感します。

途中から雨もあがって一気に晴れ間が広がり、昼食時にはソーラークッカーでゆでたジャガイモを食べることもできました。

午後は外に出て植物を観察したり、石の陰に隠れたカニを発見したり、池の中のタニシを突っついたりと「地球のたまご」の自然を満喫していただきました。

コリドール北端にデッキにて。晴れ間が広がりました。
コリドール北端のデッキから敷地を眺める。

屋外も観察できました。
観察池脇で植物を観察する皆さん。

見学会の最後は、今回参加されていた、OMソーラーの家にお住まいの方に住み心地をお話いただきました。

「家にいる時は気づきにくいのですが、外から帰ってきたときにほんのりと暖かく感じてホッとします。」などのお話を聞きながら、他の皆さんは熱心にノートに書きとめていらっしゃいました。

今後も多くの方にOMソーラーや「地球のたまご」に関心を持っていただけるよう、さまざまな取組みを行ってまいります。

何をみているんでしょう?

OMソーラー株式会社 / 社屋「地球のたまご
〒431-1207 静岡県浜松市西区村櫛町4601 [ Tel ] 053-488-1700(代)[ Fax ] 053-488-1701
Copyright © 1997-2008 OM Solar Co., ltd. All rights reserved.