2007年3月10日 土曜日

「エコライフセミナー」レポート

当日はお天気が心配でしたが、晴れ間ものぞく穏やかな一日となりました。

エコライフセミナー
安藤和津さんによる「環境と住宅」をテーマにした講演会を、「地球のたまご」にて開催(参加費無料、定員60名様)。講演後のパネルディスカッションでは、環境に負荷をかけない家づくりと暮らし方について、安藤和津さんと「地球のたまご」の設計者でもある建築家・永田昌民さんにお話いただきま した。

講演をされる安藤和津さん。前半、安藤和津さんの講演では、今、私たちがいかに便利な物に囲まれ、その生活に慣れてしまっているか、そして大人が利便性を優先した結果、子どもたちに大切なことが伝えられていないのではないか、といった問題を、身近な例を挙げて話されました。

日頃、当然のように利用している便利な物や、捨ててしまっている物、無駄遣いしている物。でも、中には使わずに済むものもあるはず。まだ使えるものもあるはず。

身近な生活の中で、「これは本当に必要?」と考えてみたり、ひと手間かけたり、工夫することの大切さ、楽しさを語られました。

また、安藤さんは、長年お母様の介護をされた経験から、暮らし方に合った室内空間や、人を癒してくれる緑や自然の大切さを痛感されたといいます。会場の皆さんの中にも、うなずきながら聴いている方が多くいらっしゃいました。

安藤さんが参加者に質問されています。
安藤さん講演中の様子。

今回のお話からは、

「人も物も、長年使っていればガタがくるのは当たり前。物にも人にも優しい気持ちをもって、大事に扱えば長持ちするし、それは自然に対しても同じ。」

という、一貫したメッセージが込められていたように思います。

実際に、身近な物を上手に再利用した安藤さんオリジナルのリサイクルグッズも登場し、楽しく役立つ知恵を教えていただくことができました。

休憩時間。コリドール先端にて。
休憩時間にたまごを見学。

後半は、安藤さんと、「地球のたまご」を設計された建築家・永田昌民さんの対談です。こちらも和やかな雰囲気の中、住まいや暮らしと自然との関わり方について話されました。

永田先生は、住宅を設計する時「1本でもいいから木を植えませんか」と提案されるそうです。それは見た目や日除けなどの効果だけでなく、鳥や虫など“生き物の宿る世界”だからだといいます。環境問題で大切なのは、こうした、すぐ目の前にあるものから気づいたり、考えたりすることで意識が変わっていくことだという永田先生。

安藤さんも、ご自身の体験談を交えながら、「家と、動植物を含めた自然は切り離せないもの」と仰っていました。

トークショー。
対談をされる安藤さんと永田先生(右)、司会の遠藤アナウンサー(左)。

最後に、永田先生はOMソーラーの良さを、

「お天気が気になるようになって、自然を身近に感じることができますね。そして、OMをきっかけにして、いろいろなことに敏感になれることではないでしょうか。」

と語られ、安藤さんも、

「自然の恵みには“ほっこり”したぬくもりがあり、心も“ほっこり”する。人工的な環境よりも、そういった家づくり、暮らし方をしていけば、おのずと子どもたちにも何が大切なのかということが伝わると思います。」

と話されました。

今回のイベントは、公開テレビ収録ということで「地球のたまご」初の試みでしたが、安藤和津さんをはじめ、スタッフの方々もOMソーラーや「地球のたまご」を気に入ってくださったようで、とても嬉しく思いました。

参加された方も、OMの住まい手や初めてOMを知った方、地元・遠方の方と様々でしたが、

「日ごろ何も考えず行っていることで“無駄”なこと、“もったいない”ことがいかに多いか考えさせられました」
「5年先、10年先のことも考える必要性をつくづく感じました」

といった感想や、OMソーラーについての疑問や期待、

「こうした講演会を多数開催してほしい」
「もっとOMをPRして」

といったお言葉もいただきました。

今回のお話や皆さんの貴重なご意見を踏まえて、今後もいろいろな形でOMのメッセージを発信していきたいと考えています。

OMソーラー株式会社 / 社屋「地球のたまご
〒431-1207 静岡県浜松市西区村櫛町4601 [ Tel ] 053-488-1700(代)[ Fax ] 053-488-1701
Copyright © 1997-2008 OM Solar Co., ltd. All rights reserved.