2011年11月30日 水曜日

掛川市のバスツアーで統計調査員の皆さんがいらっしゃいました

OMソーラーの取り組みを説明
2011年11月30日、静岡県・掛川市企画調整課主催のバスツアーにて、掛川市の統計調査員の皆さんがいらっしゃいました。
「統計調査員」とは国勢調査や労働力調査など国、県、市町が企画する様々な統計調査において、調査の実務(調査対象となった世帯や事業所への訪問、調査 票への記入依頼、調査票の配布・回収など)に携わる皆さんです。今回、皆さんの研修ツアーの一環として、地球のたまごにいらっしゃいました。

掛川市は、太陽光発電の設置やレジ袋の削減、ゴミの減量化など、環境への取り組みを熱心に行っている自治体でもあります。
OMソーラーの施設建築や住宅も数多くあり、市の視察も過去に何度かいただいていることから、今回OMソーラーをご存知ない方にも関心を持っていただき、熱心に見学をいただきました。

お近くの自治体でもあるので、これからも連携していきたいと考えています。
熱心に説明を聞く皆さん
太陽熱であたためた空気をコントロールするOMハンドリングボックスを囲んで説明。

2011年11月27日 日曜日

森林文化アカデミー+オーストラリアの大学生がいらっしゃいました

熱心に話を聞かれる皆さん
2011年11月27日、岐阜県立森林文化アカデミーの方が、オーストラリアの大学、The University of New South Walesの大学院生とともに地球のたまごにいらっしゃいました。

森林文化アカデミーでは、自然を代表する「森」と再生可能な「木」の活用を通して、自然の循環と一体になった持続可能な社会を築くことを目指しており、森林資源に恵まれ、すぐれた「ものづくり(匠)」と「木造建築」の伝統がある岐阜県にて実践的な高等教育の拠点として設立されました。
質問もたくさんいただきました
言葉の壁を飛び越え、非常に熱心に質問をくださる皆さん。

弊社とも、日頃から木材利用などの点でお付き合いがあり、今回、親交のあるThe University of New South Walesの大学院生たちを連れて、施設見学にいらっしゃいました。

建築、木材利用、自然などに興味がある学生さんとあって、真剣に見学をいただき、質問もたくさんいただき、
通訳の方を介して(汗)たくさんのお話をさせていただきました。
屋上で記念撮影
屋上に出て記念写真。

2011年11月25日 金曜日

名古屋市より、西区民生委員会長連絡会の皆さんがいらっしゃいました

カテゴリ: 研修・視察

デッキにて2011年11月25日、名古屋市西区民生委員の会長連絡会の皆さん16名が見学にいらっしゃいました。

今回、環境施設の視察ということでお立ち寄りくださったわけですが、いらっしゃった際、ちょうど社内でソーラークッカーによる調理の実験を行っており、施設を見学いただきがてら、皆さんが「太陽でご飯がつくれるなんてすごいね」「いい匂いがしてきたね。そろそろご飯が炊けたかな?」と、太陽熱のパワーを実感していただけました。

OMソーラーの説明とあわせて、名古屋市内の工務店の話や名古屋の気候の話などもでき、有意義なひとときとなりました。

記念の一枚
天竜杉の架構が続くコリドールにて、記念の一枚。
ソーラークッカーをチェック
この日はちょうどソーラークッカーで炊飯中。皆さん興味津々で見て行ってくださいました。

2011年11月24日 木曜日

袋井西公民館婦人部の皆さんの見学

カテゴリ: 見学, 研修・視察

説明の様子
2011年11月24日、袋井西公民館婦人部の皆さん19名が見学にいらっしゃいました。袋井市も、地球のたまごのある浜松市も、静岡県西部のご近所通しということもあり、今回、皆さんは自然エネルギー導入施設の視察と勉強会を兼ねてお越しくださいました。

OMソーラーのしくみや、おおよそのコスト、耐久性など、見学中にさまざまな質問が飛び交い、また、袋井市近辺にあるOMソーラーの施設の話題でも盛り上がりました。
ハンドリングの前で説明
OMハンドリングボックスを囲んで、しくみを説明。

2011年11月18日 金曜日

湖西市消費生活グループの皆さんの見学

説明の模様
2011年11月18日、浜松市のお隣の湖西市より、市主催のバスツアーで消費生活グループの皆さんが見学にいらっしゃいました。

OMソーラーのことは、ほとんどの皆さんが知らないということでしたが、もともと暮らしへの関心が高い方たちとあり、お話をする中でコスト・耐久性、快適さやエネルギーについて等、さまざまな関心を持っていただけました。

参加いただいた方からは、「うちは温水器をつけているのだけど、特に夏場はガスがなくてもお湯がたくさん出来て本当に助かります。OMソーラーは暖房もできるのだから、もっと広まってほしい」という力強い応援の言葉も聞かれました。
ハンドリングの前で説明
太陽の熱であたためた空気をコントロールするためのOMハンドリングボックスを紹介。

次のページ »

OMソーラー株式会社 / 社屋「地球のたまご
〒431-1207 静岡県浜松市西区村櫛町4601 [ Tel ] 053-488-1700(代)[ Fax ] 053-488-1701
Copyright © 1997-2008 OM Solar Co., ltd. All rights reserved.