2010年9月30日 木曜日

北庄内小5年生の授業

カテゴリ: 見学, 環境教育

クイズで大盛り上がり
9月30日(木)、浜松市立北庄内小5年生の皆さん47名が地球のたまごにやって来ました。北庄内小は、地球のたまごとはご近所の小学校で、環境教育の一環として5年生が毎年見学に訪れています。


この日はあいにくの雨となりましたが、見学での昆虫・カニ探しやクイズで盛り上がり、また、これまでに同学校や近隣の学校で撮影したサーモカメラの画像を見て温度の特性や建物の中の温度の動きについてもみんなで共有しました。
見学の模様

見学の模様。建物内はもちろん、デッキの方にも出て珍しいクモを見つけるなど、楽しい時間となりました。

特に、夏場の教室の写真では1階と最上階の3階ではかなりの温度差があり、3階の教室の方が暑いのが特徴的です。原因としてはさまざま考えられますが、もっとも大きいと考えられるのは、屋上の熱の影響で、RCの箱型の形をした同校では、夏場、直射日光を受ける屋上が熱を持ち、その熱が上階にも伝わるため上に行くほど温度が高くなっているということを説明しました。

皆から、「1階はズルイ」「こんなに違うの!?」と驚き混じりの声が起こり、温度について改めて意識してもらえた時間になったのでは、と思います。
サーモカメラの画像を確認

サーモカメラの画像を見ながら、どうして温度が高いのか、低いのかをみんなで考えました。

2010年9月19日 日曜日

浜松サイエンスアドベンチャークラブがやって来ました

太陽熱を体感
9月19日(日)、浜松科学館が主催する「浜松サイエンスアドベンチャークラブ」の皆さんが地球のたまごにやってきました。
浜松サイエンスアドベンチャーとは、「ものづくりのまち浜松」を支える科学好きの子どもを育成することを目的に、市内の小中学生が地元の企業やビジターセンターを訪問して、レクチャーを受けたり体験をすることで、科学の魅力を知ってもらうことを狙いとした企画です。
環境クイズにチャレンジ!
この日は、「ソーラーパワーを体験しよう」というテーマで、OMソーラーのしくみの説明を聞いた上で、実際にOMソーラーのしくみで温められた空気を触ってもらったり、太陽に関するクイズをみんなで考えて盛り上がりました。

太陽クイズにチャレンジ!

中でも一番注目を集めたのは、ホットケーキづくり挑戦したソーラークッカーでした。地球のたまごに到着した時にセッティングした鍋の中の温度は、太陽の光を受けてどんどん上昇し、40分ほどで焦げ目がつくほどふっくらと焼き上がりました。建物見学の後は、太陽で焼いたホットケーキを頬張りながら、質疑応答をして見学会は終了しました。
子どもたちも「ソーラーパワー=太陽光発電」というイメージから、「太陽エネルギーの熱利用」ということに興味を持ってもらえた一日でした。
ソーラークッカーでホットケーキづくり

ソーラークッカーに置いた鍋のフタを開けると…。

ソーラークッカーでホットケーキづくり

フワフワのホットケーキ!大成功でした。

OMソーラー株式会社 / 社屋「地球のたまご
〒431-1207 静岡県浜松市西区村櫛町4601 [ Tel ] 053-488-1700(代)[ Fax ] 053-488-1701
Copyright © 1997-2008 OM Solar Co., ltd. All rights reserved.