2010年7月10日 土曜日

千葉大の学生さんがどんぐり作業に参加

敷地内を散策
7月9日、10日と千葉大の大学院生2名と「地球のたまご」のランドスケープを手がけたPLAMTAGO(プランタゴ)さんがいらっしゃいました。

千葉大学大学院の「環境造園計画学セミナー」の授業の一環で、PLAMTAGOの田瀬氏が講師となり、地球のたまごの計画の全貌をお話され、OMソーラー(株)からは竣工後の施設の活用や植生の手入れや調査を社員自らの手で行っている「どんぐりプロジェクト」などの取組みについて説明をさせていただきました。
OMソーラーからの説明

OMソーラー(株)からの話に熱心にノートを取っています。

また、種や苗木を採取した現場を実際に回り、地球のたまごの将来の姿や在来種が多く残る林や周辺の環境についてみて回りました。
2日目の授業では、スタッフも加わり、どんぐりプロジェクトの作業を開催。周りの草に隠れていた苗を多く救い出していただきました。
梅雨の晴れ間でお天気にも恵まれ、爽やかな疲労感に包まれた一日となりました。
昆虫との遭遇

散策中ゴマダラカマキリやカブトムシなど様々な昆虫にも出会いました。

水路にいる生物を観察

水路にいる生物を観察しました。

敷地内を散策

人の背丈を越えるまで成長した苗の間をぬって敷地内を散策しました。

2010年7月5日 月曜日

九都県市会議が地球のたまごで開かれました!

見学の様子
関東エリアには、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市の知事または市長により構成され、首都圏に共通する広域的課題について積極的に取り組むことを目的とする九都県市首脳会議(別名:首都圏サミット)があります。2010年7月5日、この会議の環境検討委員会が地球のたまごにて開催されました。

今回の議題は東京都を中心に進めている太陽熱利用について理解を進め、普及の検討を図ることを目的としたものです。
太陽熱を利用した施設ということでじっくりと見学をいただくとともに、数時間にわたり勉強会・意見交換会を行いました。OMソーラーの基本的なしくみや概要はもちろんのこと、自然エネルギー利用全体における太陽熱の位置づけや現状、課題なども積極的にご質問をいただきました

勉強会・意見交換の様子

勉強会の様子。数時間にわたり意見が交わされました。


アルコーブの見学

施設内アルコーブの見学。


しくみについて説明

しくみについても説明。熱心に説明に聞き入る皆さん


2010年7月2日 金曜日

浜松市立冨塚中学校に出前授業

カテゴリ: 環境教育

授業の様子
2010年7月2日、浜松市立冨塚中学校に出前授業に行ってきました。
今回は、浜松商工会議所の企画により、浜松商工会議所が認定する浜松地域ブランド「やらまいか浜松」に認定されている企業から、その誕生ヒストリーや事業内容を生徒にお話する、というユニークな授業で、OMソーラーも、やらまいか浜松ブランドに認定されていることから依頼を受けたものです。私たちのほかにも、お茶や楽器、環境事業を展開する事業者の皆さんが招かれ、それぞれ生徒たちに授業を行いました。

話し合い
授業では、約1時間にわたり、OMソーラーは太陽の熱を利用するシステムであること。設備ではなく、一人の建築家が快適な建築を考えていくうちに生まれたシステムであること。また、誕生した頃と時期を同じくしてオイルショックや公害問題が話題となり、環境問題が叫ばれるようになったことなどをお話させていただきました。

グループでの討議時間。話し合った内容を質問したり、発表したりしてもらいました。


皆さん真剣
短い時間ではありましたが、生徒たちは非常に熱心に聴いてくれていて、価格のこと、施工のこと、また、操作のことなど、具体的な質問もたくさんいただきました。生徒の皆さんからは、「家の屋根が夏に80℃近くにもなるなんて考えたことがなかったのでとてもびっくりした。」「電気を使わなくても部屋が暖まるのはとてもすごいことだなと思いました」「日があたるところと風通りがいいところでないとOMソーラーシステムの設計が成り立たないことも分かった。昔の住居とOMソーラーの家はなんだか似ています」といった声をいただきました。

皆さん真剣。授業の後に感想文もいただきました。


中には、「将来建築関係の仕事をしたいと思っているので、今回聞いたことは将来にすごく役に立つと思います」という意見もあり、私たちとしても嬉しい機会となりました。

2010年7月1日 木曜日

東邦ガス、矢崎総業の皆さんがいらっしゃいました

カテゴリ: 見学, 研修・視察

IMG_1072.jpg
2010年7月1日、愛知県より矢崎総業の方と、東邦ガスの方が見学にいらっしゃいました。

皆さんは、8月に日ごろお付き合いのあるお客様を対象とした視察研修を企画しており、その中の候補地として地球のたまごにも見学にいらっしゃいます。今回は、事前打ち合わせと下見を兼ねて、8名の方が訪れてくださいました。


屋根の説明
矢崎総業さんとは、日ごろ仕事上でもお世話になっており、また、東邦ガスさんとは同じエネルギー分野ということで共通項があるため、皆さん熱心に、会話をやりとりしながら見学をいただきました。

アモルファス太陽電池を採用し、太陽熱+太陽光利用を行っている屋根の説明。

東邦ガスさんからは、「エネルギー供給会社だからこそ、太陽エネルギーなどの自然エネルギー利用は真っ先に考えなければならない問題で、前向きに取り組んでいきたいこと。とても参考になりました」とのお声をいただき、こちらからも質問を行うなど、充実した意見交換の時間となりました。

説明の模様
現状のエネルギー消費動向について、意見交換を行いました。


OMソーラー株式会社 / 社屋「地球のたまご
〒431-1207 静岡県浜松市西区村櫛町4601 [ Tel ] 053-488-1700(代)[ Fax ] 053-488-1701
Copyright © 1997-2008 OM Solar Co., ltd. All rights reserved.