2010年3月15日 月曜日

オイスカ高校の生徒の見学

カテゴリ: 見学, 環境教育

0112
3月10日、近隣のオイスカ高校より、4名の生徒と先生が見学にいらっしゃいました。

同校は、「自然の恩恵に感謝し、国際社会に貢献できる心豊かな日本人を育成する」を教育理念に掲げて国際交流やボランティア、環境活動に力を入れたプログラムを実施しており、地球のたまごにも、昨年学年単位で見学にいらっしゃいました。
0107

訪れた生徒たちは、日ごろ部活動の一環として干潟のマングローブ調査や水質調査などの環境活動を行っているそうで、今回、「近隣の施設である地球のたまごでどのように自然エネルギーが使われているかを見てみたい」というご希望をいただきました。

OMソーラーの屋根を見学。暑さ対策として行っている緑のカーテンや屋上緑化にも興味を持っていました。

1時間弱の短い時間でしたが、東南アジアでのボランティア経験がある生徒や、インドからの留学生もおり、「ここは気持ち良いなぁ」「敷地内の木はどんな風に管理しているのですか?」等、積極的に質問もいただきました。引率の先生のお話によると、前年の同学校による地球のたまごの見学後には進路を建築関係に変更した生徒もいたそうで、こうした機会が生徒たちの思考や進路の可能性を広げるきっかけになればと思います。
0099
同日に行っていた工務店を対象としたOMソーラーの講習会を見学。

0120

事務室内を見学し、OMソーラーのハンドリングボックスも見学。

2010年3月10日 水曜日

ストローベイル建築研究会の見学団が来日

見学団イメージ
韓国より、韓国ストローベイル建築研究会の見学団の皆さんが来日。3月6日に視察先の一つとして地球のたまごにいらっしゃいました。

同研究会は、会員25,000人の韓国全国のネットワークで、今回は多くの参加希望者の中から選ばれた方々が見学団として来日されました。当日はあいにくのお天気でしたが、地球のたまごのほかに近隣のOMソーラーの家も2軒ご案内したところ、前日の蓄熱効果により雨の中でも室内が暖かかったことから、OMソーラーの蓄熱効果を体感していただく機会となりました。
OMの家のロフトにて
近隣のOMソーラーの家のロフトにて。

見学団の皆さんは、日本におけるストローベイルハウスへのOM導入事例などに関心を寄せるなど、韓国でのOMソーラーの展開も考えなら、熱心に見学されていました。
今回の見学レポートは、韓国ストローベイル建築研究会の会員に報告される予定とのことです。
パンフレットをご覧になる皆さん
パンフレットを熱心にご覧になる見学団の皆さん。

質問風景
ストローベイルハウスへのOM導入について、技術的な質問もたくさんいただいた。

2010年3月5日 金曜日

天竜自治会連合会の皆さんの見学

カテゴリ: 見学, 研修・視察

3月2日、地元・浜松市内の天竜区より、天竜自治会連合会の皆さん15名がやってきました。
天竜自治会見学イメージ
皆さんは、天竜区役所区振興課主催の募集により視察に来られた方々で、現在老朽化による建て替えを行っている地元の天竜区役所にはOMソーラーも導入されることから、「近隣の導入施設(春野自治センター)も見て我々のところにもOMを入れることにしたんだよ。春野も地元材が使われているけれど、ここも木の雰囲気がいいね」と熱心にご覧いただきました。
屋根の様子やしくみも解説
また、参加メンバーの中には、地球のたまごに使用した天竜杉を取り扱った製材屋さんも参加されていました。「竣工してからは見に来ていなかったので、今日は楽しみにしてきました。風合いが出てきて、竣工時よりもきれいになりましたね」という言葉をいただきました。

あいにくの曇り空ですが、屋根の様子やしくみを解説させていただいた。

なお、天竜区役所は、今年度中の完成予定です。完成しましたら、今度は私たちが見学に行かせていただきたいと思います。
会話が弾む皆さんとスタッフ

木材の架構が印象的なコリドールにて。竣工から6年近く経過した風合いについて、熱く語り合う皆さんとスタッフ。

OMソーラー株式会社 / 社屋「地球のたまご
〒431-1207 静岡県浜松市西区村櫛町4601 [ Tel ] 053-488-1700(代)[ Fax ] 053-488-1701
Copyright © 1997-2008 OM Solar Co., ltd. All rights reserved.