2010年2月26日 金曜日

家庭電気文化会の皆さんの研修旅行

カテゴリ: 見学, 研修・視察

2010年2月25日、午後に社団法人 家庭電気文化会 関西支部の方々が平成21年度の研修として地球のたまごにいらっしゃいました。
家庭電気文化会の皆さん

同団体は、「家庭電気知識の普及並びに家庭電気機器の発達に寄与し、家庭文化の向上を図る」ことを目的に創立された公益法人で、今回は、全国の電力会社、家電メーカー、建築関係者など12名の方がエネルギー関連施設や製造メーカー等の視察研修をされました。
建築関係者など、地球のたまごの見学を楽しみにして来られた方もいらっしゃり、会話も弾んで約2時間、たっぷり見学をいただきました。環境問題が大きくクローズアップされる中、需要の増えている電力は、ますます貴重なエネルギーとなっています。

OMソーラーは、太陽熱を暖房や給湯に利用するシステムですが、電力そのものを生み出すことは出来ないため、「暖房や給湯といった、20〜40℃程度の低温には太陽熱を上手に使い、電気にしか出来ない仕事には電気を上手に使いたいですね」ということで、お互いに共感を得ました。「メンテナンスはどのように行うのですか?」「基礎のコンクリートは特別な材料なのですか?」「集熱面積と暖房を行う対象面積の関係は?」「屋根のガラスはどんな種類があるのですか?」等、たくさんの具体的な質問もいただき、帰り際には「また個人でも来たいです」という嬉しい声もいただきました。
私たちにとっても貴重な意見交換のひとときとなりました。

見学の様子

あいにくの曇り空でOMソーラーの体感はしていただけなかったが、たっぷり見学をいただいた。

窓からの風景を見学

窓から見えるOMソーラーの屋根を見ながら会話が弾んだ。。

2010年2月25日 木曜日

揖斐地区区長会の皆さんの研修旅行

カテゴリ: 見学, 研修・視察

揖斐地区区長会の皆さん岐阜県・揖斐地区区長会の皆さんが研修旅行の一環として地球のたまごにいらっしゃいました。

2010年2月25日、午前中に岐阜県・揖斐地区区長会の皆さんが研修旅行の一環として地球のたまごにいらっしゃいました。
皆さんは、前日に浜松市内の舘山寺温泉に宿泊されたとのことで、舘山寺温泉からほど近い地球のたまごに、朝一番でお越しいただきました。
当日は、あいにくの曇り空でOMソーラーを体感していただくことは出来ませんでしたが、木造の社屋や私たちの取り組みについてなどを興味深く見学いただき、また、揖斐地区にほど近い地点の気象データをお見せしたところ、風の向きや年間の気温について熱心に確認をされていました。
「この木のテーブルはいいですね」「落ち着く環境ですね」「はじめに来たときは、草が茂っているので驚いたけれど、説明を聞いて、敢えて手を入れないようにしていることも分かった」など、たくさんの感想もいただきました。

ハンドリングボックスを紹介
OMソーラーの唯一の機械部分となるハンドリングボックスを紹介。

しくみを説明
OMソーラーの動きがわかるモニターを見ながら、しくみを説明。

OMソーラー株式会社 / 社屋「地球のたまご
〒431-1207 静岡県浜松市西区村櫛町4601 [ Tel ] 053-488-1700(代)[ Fax ] 053-488-1701
Copyright © 1997-2008 OM Solar Co., ltd. All rights reserved.