2009年11月27日 金曜日

袋井市自治会連合会の皆さんがいらっしゃいました

袋井市自治会連合会の皆さん。2009年11月25日、袋井市自治会連合会の皆さんが地球のたまごにいらっしゃいました。

地球のたまごのある浜松市と同じ静岡県西部地域にあたる袋井市からは、過去に何度か見学をいただいており、今回も、32名の方々がいらっしゃいました。
当日は、見事な秋晴れとなり、OMソーラーを体感いただいたり、採光などの建築の工夫もご覧いただきました。
見学をいただいた方からは、「太陽や風力や燃料電池など、いろいろな技術が出てきているが、太陽エネルギーを利用することは、必須だよね。熱が効率がいいのなら、たくさん利用しないとね」という声をいただきました。

OMソーラーのしくみをパネルを使って説明。
OMソーラーのしくみをパネルを使って説明。

設置されたハンドリングも見学いただきました。
設置されたハンドリング(写真は施設用)も見学いただきました。

2009年11月26日 木曜日

デンソー技術会の皆さんがいらっしゃいました

カテゴリ: 見学, 研修・視察

デンソー技術会の皆さん。2009年11月24日、デンソー技術会の方々が勉強会・視察研修会の一環として地球のたまごにいらっしゃいました。

同団体の皆さんは、日ごろから異業種メーカーの工場見学などを通して技術の幅を広げ、新たな発想のチャンスを増やしておられます。OMソーラーのことは、以前、デンソーの技術会報誌で紹介されたことをきっかけに興味を持ってくださり、今回見学先の一つとして選んでくださいました。
技術会の皆さんということで、私たちのパッシブな技術をどう見ていただけるか心配していましたが、非常に熱心に見学をいただき、しくみや耐用年数、メンテナンス、新しい技術のことなどについて質問をいただきました。
見学をいただいた方の中には、OMソーラーの家にお住まいの方もいらっしゃり、温度や空気の流れを視覚化しているモニターについても「これ、いいですね」という感想をいただきました。
見学を終え、「システムも取り組みも大変おもしろいですね」「もっとOMソーラーを研究してみたい」「熱は効率が良いのだから、もっと普及していくといいですね」という、大変嬉しい声をいただくことが出来たほか、「木が好きという方や、食にこだわっている人などもOMソーラーのことに興味があるはず。そういう宣伝方法も考えてみては?」といった普及に向けてのアドバイスもいただきました。
「今日見学したことを自分たちの仕事にどう活かしていけるかを考えていきたい」という言葉に、私たちも勇気や元気をいただいた見学会となりました。

敷地の様子も見学いただきました。
天候は曇りでしたが、敷地の様子も見学いただきました。

メモをとったり質問をしたり。
メモをとったり質問をしたり。デンソーさんの技術はこうした真摯な社員の皆さんに支えられているのですね。

2009年11月20日 金曜日

名古屋市南区学区役員会の皆さんがいらっしゃいました

カテゴリ: 見学, 研修・視察

名古屋市南区学区役員会の皆さん75名。2009年11月18日、名古屋市の旅行会社のツアーにより、名古屋市南区学区役員会の皆さん75名が研修の一環として地球のたまごにいらっしゃいました。

大型バス2台。収容人数いっぱいの人数で、行き届かない点もありましたが、皆さんには、クイズにも積極的に答えていただいたり、「普通の床暖房とはどう違うの?」「リフォームではつけられませんか?」「ダクトは見えないところに収納することもできるんですか?」等たくさんの質問をいただいたりしました。
「草の手入れをもう少ししたらどうですか?」等のご意見もいただきましたが、地球のたまごのコンセプトで敢えてこの状態を保っていること、しかしながら半分は手が回っていないことなどをご説明・ご理解いただいたうえで、たくさんの感想、意見をいただくことも出来ました。

圧巻の75名。
会場内いっぱい。圧巻の75名。

2009年11月19日 木曜日

豊川市統計調査員の皆さんの見学

カテゴリ: 見学, 研修・視察

豊川市統計調査員の皆さん。2009年11月17日、豊川市役所が主催となり、豊川市統計調査員の方々31名が地球のたまごにいらっしゃいました。

地球のたまごのある浜松市は、静岡県の中でも愛知県にほど近い場所で、豊川市の皆さんもよく見学にいらっしゃいます。この日はあいにくの雨となりましたが、OMソーラーを以前からご存知の方が1/3近くもいらっしゃり、楽しんで見学をしていただきました。
また、お客様の中には、豊川市内で精力的に活動をしているOM会員工務店をご存知の方も多く、「OMの家も見たことがありますよ」「工務店さんのイベントにも参加したことがありますよ」と、見学の最中は嬉しいお声をたくさんいただきました。
工務店を通じて私たちの存在を知ってくださることは大変嬉しいことであり、それと同じくらい、この日見学にいらしたお客様が、地元に帰って会員工務店の元へと足を運んでくれたら嬉しいな、と思うひとときでした。

OMソーラーシステムの制御の説明。
ハンドリングを前にOMソーラーシステムの制御の説明。

敷地の様子を見学する皆さん。
コリドールの先端にて。敷地の様子を見学する皆さん。

2009年11月16日 月曜日

「ソーラーフェスタin地球のたまご」を開催

「ソーラーフェスタin地球のたまご」と題したイベントが開催されました。2009年11月14日、地球のたまごの最寄の小学校である浜松市立村櫛小学校のPTAの皆さんが中心となり、「ソーラーフェスタin地球のたまご」と題したイベントが開催されました。


PTAの皆さんからは数ヶ月前よりご相談をいただき、打ち合わせを重ね、この日参加した子どもたちには太陽をテーマとした授業を受けてもらうとともにグループごとにソーラーカーや太陽光パネルのついたおもちゃ、ソーラーバルーンなどの製作に取り組んでもらいました。
また、親御さんや先生方には同時に火起こし機も組み立てていただき、エネルギーのない生活=火起こしの大変さも実感していただきました。
この日は一日を通してあいにくのお天気となり、製作したソーラーカーやおもちゃは、投光機を使って出来映えを確認したのですが、そんな中、一瞬薄日が差すこともあり、子どもたちはかえって太陽のパワーを感じたようです。
特に太陽の熱を吸収して膨張する黒色のソーラーバルーンは、製作後、思うように膨らまなかった反面、太陽が出た瞬間に膨れあがったため、歓声とともに「太陽って本当にすごい!」といった声が聞かれました。
子どもたちからは、まとめとして「こんなにすごい太陽の力を使わないのはもったいない」という感想も聞かれ、参加した皆で太陽パワーを実感した一日となりました。

地球のたまごでは恒例となった太陽クイズ。
地球のたまごでは恒例となった太陽クイズ。全問正解を目指して頑張りました。


皆で協力して製作。
説明書を読みながら、皆で協力して製作。


投光機を使ってソーラーカーやおもちゃの動きを確認。
投光機を使ってソーラーカーやおもちゃの動きを確認。


火起こしにチャレンジ!
親御さん、先生方も、協力して火起こしにチャレンジ!

地球のたまご特製ポストカードも好評。
お土産に持ち帰ってもらった、地球のたまご特製ポストカードも好評。

次のページ »

OMソーラー株式会社 / 社屋「地球のたまご
〒431-1207 静岡県浜松市西区村櫛町4601 [ Tel ] 053-488-1700(代)[ Fax ] 053-488-1701
Copyright © 1997-2008 OM Solar Co., ltd. All rights reserved.