2009年10月21日 水曜日

電気設備協同組合の方々の見学

カテゴリ: 見学, 研修・視察

埼玉県より川口電気設備協同組合の皆さん。2009年10月19日、埼玉県より川口電気設備協同組合の皆さん20名がいらっしゃいました。

皆さん、電気設備関連のお仕事をされている方で、今回は県外研修会の一環として、地球のたまごを選んでくださいました。建物はもちろんですが、皆さん、職業柄OMソーラーのハンドリングボックスの配線や制御について興味をお持ちくださり、熱心に見ていただきました。
地球のたまごでは、10月の上旬に台風の被害を受け、建物中心に伸びるコリドールの上にあったスクリーン(日射遮蔽はもちろんですが、表面に酸化チタンを塗布しており、そこに散水をして温度を下げる実験をしていました)を撤去するなどの作業があったところです。冬の間は、明るくて暖かいので、スクリーンは撤去したまま過ごしており、見学の皆さんにはそんな話もご紹介しながら見学をいただきました。

明るくなったコリドールを見学。
明るくなったコリドールを見学。

ハンドリングボックスを熱心に見ていただきました。
空気の流れをコントロールするハンドリングボックスを熱心に見ていただきました。

女性建築技術者の会の皆さんの見学

カテゴリ: 見学, 研修・視察

「女性建築技術者の会」の会の皆さん。2009年10月19日、「女性建築技術者の会」の会の皆さん13名がいらっしゃいました。

「女性建築技術者の会」は、建築関係の仕事に携わる女性の団体で、個々の建築活動をしながらも、会員相互の情報交換、触発、親睦などを目的とした活動を行っています。また、住まいの相談や設計依頼の窓口としての役割も担っており、会員の方が持ち回りで担当を引き受けているとのことです。
OMソーラーのこともほとんどの方がご存知、あるいは設計の経験をお持ちで、今回、建築巡りの合宿の一環として地球のたまごにいらしてくださいました。
皆さん地球のたまごのコンセプトにあらかじめ深い理解を持ってお越しくださり、特に、環境学習の活動について興味を持ってくださいました。生活者、女性ならではの家族・暮らし・建築に対する視点を持ち、「建て主との丁寧な話し合いによる家づくり」をモットーに活動されている皆さんにとって、エコロジー建築や自然と共生する暮らしをいかに広げていくかは大きなテーマであり、そうした意味でも、地球のたまごの活動を参考にされていたようです。
私たちとしても、参考にしたいお話がたくさんあり、有意義な意見交換の時間となりました。

蓄熱の効果について説明。
蓄熱の効果について説明。

ランドスケープの形成にも興味を持っていただけました。
ランドスケープの形成にも興味を持っていただけました。

2009年10月13日 火曜日

浜松サイエンスアドベンチャークラブのイベントを開催

浜松科学館の理科教室「浜松サイエンスアドベンチャークラブ」の皆さん。2009年10月11日、浜松科学館の理科教室「浜松サイエンスアドベンチャークラブ」の皆さん34名が「ソーラーパワーを体験しよう」ということで地球のたまごにやって来ました。

「浜松サイエンスアドベンチャークラブ」は、市内の小中学生を対象とし、ものづくり企業の見学や自然観察を通して、科学の魅力を知ってもらうことを狙いとしています。
今回は、地球のたまごでエネルギーや環境をテーマにしたレクチャーを受け、実験や体感を通して自然科学の魅力に触れていただきました。
太陽クイズや温度当てクイズ、温度の感じ方の違い実験、熱い空気と冷たい空気を目で確認する実験などを経て、子どもたちからは「こんなにたくさんある太陽のエネルギーを使わないのはもったいない」「温かい空気が目で見えて驚いた」という声が聞かれました。こうしたイベントをきっかけに、理科に興味を持つ子どもが増えると良いな、と思いました。

OMソーラーの空気の流れを表すモニターに注目。
OMソーラーの空気の流れを表すモニターに注目。

子どもたちから歓声があがりました。
上昇していく暖気や、下降していく冷気の影をスクリーンに投影。子どもたちから歓声があがりました。

「温度の感じ方の違い」実験。
温度の違う水を使った、「温度の感じ方の違い」実験。

« 前のページ

OMソーラー株式会社 / 社屋「地球のたまご
〒431-1207 静岡県浜松市西区村櫛町4601 [ Tel ] 053-488-1700(代)[ Fax ] 053-488-1701
Copyright © 1997-2008 OM Solar Co., ltd. All rights reserved.