2008年11月28日 金曜日

村櫛小学校5年生の授業

カテゴリ: 環境教育

村櫛小5年生の皆さん2008年11月11日、浜松市村櫛小学校5年生の皆さんが総合学習の一環として地球のたまごにやって来ました。同学校は、地球のたまごから最も近い小学校の一つで、これまでも何度かソーラークッカーを使った授業や施設見学の授業を行ってきました。
今回は、これまでの内容からさらに深め、「熱と温度の関係」について、実験を通して勉強してもらいました。
授業で特に好評だったのは、温度の感じ方の違いの謎を確かめる実験です。

実験にあたり、児童にまず、近年環境省が推進している冬と夏のエアコンの設定温度について聞いみました。すると、みんなよく知っていて「冬は20℃、夏は28℃!」という元気な答えが返ってきました。次に、「では、冬は寒いのに夏よりも温度が低く、夏は暑いのに冬よりも温度が高いのはどうして?」と尋ねたところ、児童たちは困り顔になりながらも「冬と夏は温度計が違うのでは?」「温度の単位が違うのでは?」という声がかえってきました。

そこで、真相をバケツを使った実験で確かめてみました。
まず、右手をお湯、左手を冷水につけ、その後両手を常温のバケツに入れます。すると、同じ温度なのに、右手は冷たく、左手は温かく感じるという不思議な現象が起こりました。

バケツの中で何を感じるのか、秘密にして一人ずつ実行してもらったところ、「変な感じ〜」とニヤニヤする子や、「こういうしくみだったのか!分かった!」と顔を輝かせる子など、さまざまな形で納得してもらえたようです。

実験を終えて、冬と夏の温度の感じ方の違いを再度尋ねたところ、「冬は外が寒いから家の中に帰ってくると低い温度でも暖かく感じる。夏は外が暑いから家の中はひんやりと感じる」と自分たちの言葉でまとめてくれた子どもたち。温度の感じ方や人間の感覚について、実体験を通じて学んでくれたようです。

村櫛小5年生の皆さん
先頭の子が実験を終えた後。バケツの中で自分が感じた感覚を、頭の中で考えていました。

村櫛小5年生の皆さん
右手と左手の感じ方の違いに、思わずニヤニヤ。

半田社会保険委員会の皆さんがいらっしゃいました

カテゴリ: 見学, 研修・視察

半田社会保健委員会の皆さん2008年11月11日(火)、半田社会保険委員会の皆さん13名が地球のたまごにいらっしゃいました。いらっしゃった皆さんは、今回浜松市周辺の環境共生に取り組む施設や優良施設を視察に来られたとのことで、地球のたまごについても楽しみにしてきてくださったとのこと。

OMソーラーのことだけでなく、地球のたまごのコンセプトや、環境共生の考え方、建築のことなどを幅広くご紹介したところ、皆さん興味を持ってくださり熱心にご質問をいただきました。また、皆さん愛知県にお住まいとのことで、該当地域の風配図などもご紹介しながら、自然の力を上手に利用した家づくりについてお話させていただきました。

後半は、建物や敷地も見学をいただきました。秋が深まり、地球のたまごの敷地は、ススキやオギのクリーム色、木々の紅葉の色などで、きれいに彩られており、「これだけのいろいろな植物があるのは素晴らしい」「手入れは大変そうだけど、何年後かが楽しみですね」という言葉をいただきました。

半田社会保健委員会の皆さん
コリドール南端から、敷地の様子を眺める皆さん。

2008年11月11日 火曜日

蒲郡市・環境対策協議会の皆さんがやってきました

カテゴリ: 見学, 研修・視察

説明の様子10月28日、環境技術の視察を目的に、蒲郡市副市長をはじめとした「環境対策協議会」が来社され、OMソーラーの技術解説やOMソーラー協会全体の取り組みについてお話をさせていただきました。

蒲郡市では現在も、太陽光だけではなく太陽熱に対する補助金制度が導入されており、OMソーラーに対する補助実績もあるそうです。そうした経緯も踏まえて熱心に視察をいただき、「これからの時代の技術ですね」「太陽光と太陽熱を両方使ったら、エネルギーがほとんど賄えるようになりますね」等、様々な感想をいただきました。

なお、みかんの産地としても有名な蒲郡の皆さんとあって「これは温室にも使えるんじゃないですか!?」「愛知県でも研究をしている会社や機関があるので、そこと連携してみては?」と農業分野へのOMソーラーの利用の可能性にも大いに興味をもたれていました。

ハンドリングを前に説明
OMソーラーのハンドリングを前にしくみを説明。

インドネシア・バンドン市の清掃局研究員の方の視察

カテゴリ: 見学, 研修・視察

インドネシア・バンドン市の清掃局研究員のみなさん2008年10月27日、インドネシア・バンドン市の清掃局研究員の方二人が、浜松市の職員の方、通訳の方とともに地球のたまごにやってきました。

お二人は、国際協力機構(JICA)が行う「地域草の根技術協力事業」の一環として、浜松市のごみ処理システムを学ぶために来日。今回、ごみの分別や処分の方法、環境政策を学び、バンドン市での新たな処理計画策定に生かすということで、環境共生の取り組みを行っている地球のたまごにも来てくださいました。

パワーポイントで日本のエネルギー事情やOMソーラーの考え方、地球のたまごでの取り組みをご紹介しつつ、実際に建物や敷地をご案内したところ、お二人ともその内容に深い興味を示され、特に、合併浄化槽や植物による水浄化のしくみにはたくさん質問をいただきました。

また、大型の木造建築である地球のたまごの建物をとても喜んでくださり、全部で約2時間、熱心に視察してくださいました。

写真:説明を受けるバンドン市の清掃局研究員のお二人
OMソーラーの温熱環境をサーモカメラに収めた画像などもご紹介しました。

松本市内田町会、石川県野々市町内会の皆さんがやってきました

カテゴリ: 見学, 研修・視察

2008年10月24日、午前中に、長野県の旅行会社のツアーで、松本市内田町会の皆さん9名が地球のたまごに視察にやってきました。

松本市は、冬場寒さが厳しいものの晴天の日が多いという、OMソーラーとは相性が良い地域。松本市周辺の気象データなどもご覧いただきながらOMソーラーの説明を行ったところ、皆さんからも「長野には向いているね」という声をいただきました。

また、皆さん地域の農業振興にも尽力されている方々であることから、建物に使われている天竜杉や、敷地の緑についても興味深く見学・ご質問をいただきました。

写真:松本市内田町会の皆さん
松本市内田町会の皆さん。
写真:ハンドリングボックスの説明をするOMスタッフ
OMソーラーの家で空気のコントロールを行うハンドリングボックスを紹介しながら説明を行いました。

また、この日は午後に、石川県野々市町郷地区連合町内会の皆さん13名も視察にいらっしゃいました。OMソーラーについては、「非常におもしろいしくみ」という声とともに「日本海側でも大丈夫なんですか?」という声をいただきました。

「日本海側は、1、2月は太陽が出ないことが多いので、残念ながらそういう日は期待できません。しかし、寒い地域では10月〜4、5月まで暖房が必要なため、OMソーラーが活躍できる期間も長いということで喜ばれています。太平洋側に比べると少ないですが、工務店さんも頑張っています」という説明に、「そうそう、暖房期間は長いからね」「太陽が出ているときは、太陽を利用したいよなぁ」という実感のこもった声もいただきました。

写真:野々山町郷地区の皆さん
野々市町郷地区連合町内会の皆さん。

写真:話を聞く野々市町郷地区連合町内会の皆さん
OMソーラーの空気の流れが分かるモニターの前で。

OMソーラー株式会社 / 社屋「地球のたまご
〒431-1207 静岡県浜松市西区村櫛町4601 [ Tel ] 053-488-1700(代)[ Fax ] 053-488-1701
Copyright © 1997-2008 OM Solar Co., ltd. All rights reserved.