2008年8月6日 水曜日

浜松市理科教員夏季研修が行われました

カフェテリアにて2008年8月6日、地球のたまごで浜松市内の理科の先生を対象とした夏季研修が行われました。

この研修は、天竜川・浜名湖地区総合教育センターが主催するもので、午前中に浜名湖につながる都田川で水質調査を行った後、地球のたまごにて研修を行うというもの。地球のたまごでは、昨年に引き続き2回目の開催となりました。

約2時間の研修の中で先生方の関心が特に集まったのは、理科の原点、測定・実験の時間。

放射温度計を使った温度測定、サーモカメラを使った「目で見る温度」、素材によって異なる「温度の感じ方」の実験、ソーラークッカーによるジャガイモの調理など、実験へのご参加もいただきながら楽しく紹介させていただきました。

また、右手をお湯、左手を冷水につけた後、両手を常温のバケツに入れて温度の感じ方の違いを実感する実験では、「なるほど」と苦笑したり、「右手は冷たく感じて左手は暖かく感じますね」と話し合ったりながら、冬は20℃でも暖かく、夏は28℃でも涼しく感じる理由を実感いただきました。

体感温度の実験
温度の異なる3つの水を使った「温度の感じ方の違い」実験を解説中。実験から人間の皮膚が温度を相対的に暑い・寒いと感じ取っていることが分かり、先生にも好評でした。

2008年8月5日 火曜日

中部大学の皆さんの研修旅行

カテゴリ: 見学, 研修・視察

コリドールにてハンドリングを説明中2008年8月5日、中部大学建築学科の皆さん45名が地球のたまごにやってきました。

今回いらした皆さんは、研修旅行の一環として浜松を訪れ、地球のたまごを見学後、浜松市美術館でこの夏開かれているバウハウス・デッサウ展を見に行かれるとのこと。

短い時間でしたが、建築のこと、エネルギーのことを紹介し、OMソーラーの暖かさ、通風や屋根緑化の涼しさなどもじっくりと体感いただきました。

特に、非常に暑い日となったこの日は冷暖房のないコリドールと屋根緑化をしたアルコーブ空間の温度がくっきりと分かれ、学生の皆さんが何度も行ったり来たりしながら「緑化部分は本当に涼しいですね」と関心を寄せていました。

引率をされていた先生からは「もう少しゆっくり見たかったです。また違う季節に来ます」という言葉が聞かれ、学生の皆さんからも質問をたくさんいただくなど、短い時間でしたが有意義な交流の時間となりました。

アルコーブにて
屋根緑化をしているアルコーブ部分。屋根の緑と通風による涼しさ、また、ここには見えませんが窓の外に手作りした緑のカーテンという3拍子がそろって、冷房なしで過ごしやすい空間です。先生と学生さんから熱心に質問もいただきました。

ソーラークッカー
OMソーラーとは関係ありませんが、見学に来られる皆さんから毎回大好評のソーラークッカー。太陽熱の威力に驚かれていました。

2008年8月1日 金曜日

豊橋技術科学大学の学生の皆さんの見学

カテゴリ: 見学, 研修・視察

コリドール2008年8月1日、豊橋技術科学大学の学生の皆さんが地球のたまごにいらっしゃいました。

同校では、「技術を科学で裏付け新たな技術を開発する学問の学習」「技術科学の教育・研究」を使命とされており、今回みえた学生さんは建築環境工学を学ぶ研究室の方々です。

同校には、別の研究室の先生に風の力だけで動くベンチレーター「ベトナム換気扇」の性能測定を行っていただくなど以前からご縁があり、今回も9名の方々が見学に来られました。

ガラス天井のコリドールにくっきりと影が映るほど暑い中ではありましたが、日ごろから換気やそれにともなう室内空気質、建築のことを学ばれている皆さんとあり、熱心に見学をいただきました。

バイオマストイレの前で
バイオマストイレのしくみを勉強中。

コリドールにて
ベトナム換気扇、屋根緑化、太陽光発電などについてもたくさんの質問をいただきました。

OMソーラー株式会社 / 社屋「地球のたまご
〒431-1207 静岡県浜松市西区村櫛町4601 [ Tel ] 053-488-1700(代)[ Fax ] 053-488-1701
Copyright © 1997-2008 OM Solar Co., ltd. All rights reserved.