2007年7月28日 土曜日

エネルギーフェスタ in 地球のたまご

敷地内を観察2007年7月28日、「地球のたまご」にて浜松市立南庄内小学校のPTA主催のイベント「エネルギーフェスタ」を行いました。

南庄内小学校とは、日ごろから「理数大好きモデル地域事業」でお付き合いをしており、地球のたまごにおける夏休みのイベントも、昨年の「ソーラーフェスタ」に引き続き2年目の開催となります。当日は、60名を超える親子のみなさんが集まりました。

今回のイベントは、活動内容の違いから2つのコースが用意されました。

1つは、建物の中が主体の「エネルギー体感コース」。ソーラーカー・ソーラークッカー操作、火起こし体験、光の的あて体験、色による水の温まり方の違いクイズ、風力発電体験といったブースを子どもたちに実験・体感してもらうとともに、弊社のスタッフからも、エネルギーにまつわるさまざまな話をしました。

サーモカメラを使って温度を確かめる「夏を過ごしやすくする工夫」として、打ち水や簾、緑のスクリーンの効用をサーモカメラを使った実演で解説。温度がみるみる変わっていく様子に、大人から子どもまで歓声をあげていました。

火起こし火起こし器や火打ち石を使った火起こし体験。根気良く取り組んだ子の火起こし器からは煙が出ていました。

もう1つは、地球のたまごの敷地を巡る「植物観察」コース。案内人・鈴木満帆先生のご協力のもと、植物の解説はもちろん、名前の由来や日常生活の中での利用の仕方などもお話いただきました。

炎天下の中でしたが、子どもたちはどちらのコースも時間ギリギリまで回り、エネルギーや自然を身近な視点から楽しんでいたようです。

OMソーラーそのものとも言える「エネルギー」と、地球のたまごそのものとも言える「植物観察」を組み合わせ、上手に利用していただいたイベントとなりました。

池の観察
池の中を観察。

植物の説明に聞きいる子どもたち
この木は、葉っぱが臭いことから「クサギ」という名前がついています。子どもたちは、興味津々で葉っぱに顔を近づけていました。

2007年7月24日 火曜日

浜松城北工業高等学校のPTAの皆さんが研修にみえました

カテゴリ: 研修・視察

研修風景(カフェテリアにて)2007年7月24日(火)、静岡県立浜松城北工業高等学校の「PTA環境教育クラブ」が研修活動の一環として地球のたまごにいらっしゃいました。

城北工業高校は、 「地球に優しいエンジニアの育成」を目標とし、環境教育、ものづくりに力を入れている学校です。

この「PTA環境教育クラブ」も、環境問題や環境教育活動、ボランティア活動などについて関心を持つ保護者が参加する取り組みで、これまでも静岡県内外の見学やシンポジウムへ、さらにボランティア活動に積極的に取り組まれています。

今回は地球規模の環境問題を考えるための具体的な実践例の一つとしてOMソーラーを見学先に選ばれました。

北側デッキからランドスケープを観察どんぐりプロジェクト」の取り組みは、参加者の皆さんがもっとも関心を持たれていたことの一つ。敷地の環境をじっくりと観察されていました。

弊社からはOMソーラーの説明や施設案内、サーモカメラを使った実験を交えた夏の暑さ対策の提案などとあわせて、日ごろ近隣の小学生向けに行っている環境教育活動の報告もさせていただきました。

授業で行った実験を熱心にメモされたり、各小学校の温熱環境が分かるサーモカメラの画像から校舎内の温度差の原因を口々に予測される場面もあり、意見や感想をいただきながらの和やかなひとときとなりました。

まとめとして、引率の先生より「近年、食についてフードマイレージという考え方がありますが、住宅におけるエネルギーの道のりを考えると、エネルギーの『地産地消』という考えもとても大切」として、太陽熱利用の有用性についてお話いただきました。

全員で記念撮影
カフェテリアのデッキにて。参加者の皆さんで記念撮影。

これまで小学生や中学生を中心に授業を行ってきたことが、学校関係者やその周辺の人たちへのアピールになり、今回のようなイベントも実現するようになりました。

今後もさらにこういった活動を続けて、OMソーラーとしてのメッセージを幅広い方たちに伝えていきたいと考えています。

2007年7月18日 水曜日

浜松市立飯田小学校の授業

カテゴリ: 環境教育

2007年7月18日(水)、「理数大好き地域モデル事業」の授業として、浜松市立飯田小学校に行ってきました。

「理数大好きモデル地域事業」とは

授業中、元気よく手を挙げる子どもたち。

飯田小学校は、同事業の対象となる浜松市内のモデル校25校のうちの1校であり、これまでも浜松市内外の企業や施設と連携しながら、実験や体感を交えたさまざまな取り組みを行っています。

今回は学校側から声をかけていただき、午前中に4学級の授業を行いました。

太陽熱エネルギーやOMソーラー、地球温暖化についての解説をはじめ、環境クイズを行ったり、身の回りの温度について考えてみたりと、盛りだくさんの内容でしたが、皆さん終わりまで姿勢を崩さず、真剣な表情で聞いてくれました。

特に、同小学校で事前に撮影していたサーモカメラの画像を紹介した折には、

「グラウンドはとても暑いけど木の部分は温度が低い!」
「上の階へ行くほど温度が高くなる」

と感想を述べ、暑い原因、暑くない原因について一生懸命考えてくれました。

0Mソーラーでは、これからも、このような形で環境教育における授業のご協力をしていきたいと考えています。

授業中の真剣なまなざし
説明に聞き入る子どもたち。

OMソーラー株式会社 / 社屋「地球のたまご
〒431-1207 静岡県浜松市西区村櫛町4601 [ Tel ] 053-488-1700(代)[ Fax ] 053-488-1701
Copyright © 1997-2008 OM Solar Co., ltd. All rights reserved.