2006年11月25日 土曜日

「地球のたまご」で浜松エコスクールが行われました。

2006年11月25日(土)、浜松市環境企画課主催の「浜松エコスクール・エコキングツアー」が地球のたまごで行われました。

屋外でダンボールハウスづくりを開始!このイベントは、浜松市環境企画課主催のもと、地域の子どもたちや保護者、指導者に向けた環境教育の実践やサポートを行っているNPO法人しずおか環境教育研究会が企画・運営にあたったもの。「地球のたまご」を会場にすることもあって、「太陽エネルギーの理解と快適な家づくり」をテーマにした講義や実験のプログラムとなりました。

今回のイベントでは、午前中に太陽エネルギーや快適な家づくりについて学び、午後はその知識を活かした「ダンボールハウスづくり」に挑戦しました。

参加したのは、浜松市内の小学校4〜6年生18名。市の広報誌や、インターネット、近くのショッピングセンターでの呼びかけで参加しており、学校単位で行われる総合学習とは違って地域や年齢、参加動機などはさまざまです。

まずは参加者の交流と環境学習を兼ねたゲームで緊張をほぐしてから、OMソーラーのスタッフによる「地球のたまご」の説明、太陽エネルギーやOMソーラーに関する講義・クイズ、建物見学を行いました。

カフェテリアで講習。OMソーラーのスタッフが講師役としてOMソーラーや太陽エネルギーについて説明。

建物見学では、子どもたちは屋根の上の集熱ガラスや夏の日差しをやわらげる屋上緑化、窓の位置などを真剣に見てまわり、午後のダンボールハウスづくりの参考にしていました。

昼食後は、午前中の講義や建物見学を踏まえてダンボールを使った家づくりの実践です。3チームに分かれて話し合いを通した図面作りから始まり、設計が固まったところで屋外に出て施工開始です。

ダンボールハウスの図面を制作。
チームごとに図面を作成。

本格的な構造。
ダンボールでの外壁工事。床下も気泡入り緩衝シートでしっかり断熱。

ダンボール、竹、ゴミ袋、気泡入り緩衝シートなど、身近にある素材を使って、図面を形にしていきます。竹組みによる構造工事はバランスを取るのが難しく、筋交いを入れたり、紐で厳重に固定をしたりと、子どもたちも苦戦していましたが、

「やっぱり構造って大事なんだね」
「バランスが大事なんだね」

と説得力のある意見が出ました。

つくり始めた時は昼下がりでよく晴れていましたが、だんだん日がかげって風も出てきたため、光や熱の取り入れとともに、風除けについても考慮して制作していたようです。

施工時間は約2時間。3棟のダンボールハウスが完成しました。さっそく中に入ってみたところ、採光や太陽熱を取り入れる工夫、いろいろな素材による断熱・気密の工夫、意匠・デザインなど、それぞれに創意工夫が見られ、完成度の高さがうかがえました。

短時間ながら「家づくり」という実践を経て、子どもたちは机上だけでは伝わりにくい家づくりの楽しさや、自然エネルギーとの上手な付き合い方を学んだようです。

完成作品と施工の様子

切妻屋根の家。 南面のビニール屋根が見える。
スタンダードな形にこだわり、壁や床は気泡入り緩衝シートで万全の断熱をした暖かい家です。屋根の南面には、太陽の光と熱を十分に取り込めるようにビニール素材を用いました。

秘密基地のような家。 完成も近い。
遊び心を大切にした、秘密基地のような家。屋根は取り外し可。外壁にはところどころ窓を設け、家から見える景色も大切にしています。

大きな窓が特徴の家。 骨組みを皆で支える。
大きな窓が目印のアイデア満載の家。床下には枯れ草を敷き、底冷えを防ぎます。天井は黒いビニールで太陽熱の吸収率を高めています。

ダンボールハウスについて

環境教育の手法としてダンボールなど身近な材料を使い、太陽のエネルギーを生かした暖かい家を作る取り組みは全国各地でも行われています。

2006年11月24日 金曜日

「理数大好きモデル地域事業教員研修」レポート

OMソーラーでは、今年度「理数大好きモデル地域事業」として小中学校の授業を行ってきましたが、今回は、「理数大好きモデル事業教員研修」として小中学校の先生、教育委員会の方々が「地球のたまご」に集まりました。太陽エネルギーと住環境についての研修や、「地球のたまご」を見学された様子をご報告します。

カフェテリアで説明に耳を傾ける先生方。理科の授業に使える材料を探すために真剣に話を聞く先生方。手前はソーラークッカーで茹でたサツマイモ。

2006年11月24日、「教科書の枠を飛び越えた理科の面白さをここで学んでいきましょう!」という開会の言葉で始まった研修会。

日頃、子どもたちに教える立場の先生方が、自らもOMソーラーを体感したり、熱に興味を持ってもらうための実験に参加して、楽しみながら授業の参考になりそうなテーマをチェックされていました。

体感温度の違いを実験。石や金属など、素材による体感温度の違いを実際に確めてみる。

建物見学では、OMソーラーによる集熱空気に触れたり、ソーラークッカーで集めた太陽熱に触れることで、

「太陽の熱って、われわれが日常的な感覚で感じている以上にすごいものなんですねぇ」

と、あらためて感心されていました。

研修会終了後は、ソーラークッカーで茹でたサツマイモをみんなで頬張りながら、「これも太陽熱の恩恵なんですね」と研修会の成果を確認しあいました。

屋外を観察。みなさん理科の先生なので植物や昆虫、鳥にも関心が高い。

2006年11月20日 月曜日

ソーラーバルーンを作りました!

カテゴリ: 環境教育

秋空の広がる11月、南庄内小学校では、「2006年度理数大好きモデル地域事業」の締めくくりとして、太陽熱を利用したソーラーバルーン作りを行いました。

家庭でも使われているようなポリエチレンの黒いビニール袋に空気を入れて密封するだけ、と作り方はいたって簡単ですが、太陽の熱だけでビニール袋が上昇します。

バルーンを製作中ソーラーバルーン作りの様子。空気が漏れないように、ビニール袋の端をきちんと密封。

うす曇りの晴れ間を縫って行われたため、外気温と袋の中の温度差がすぐには出ず、大成功というわけにはいきませんでしたが、次第に膨らみ、ふんわりと浮いていくソーラーバルーンを見て、子どもたちからは

「膨れた!」
「浮いた!」

と歓声が。

実験の中では、パンパンになった袋に触って

「あったかい!」
「熱い!」

と驚く声もたくさん聞かれました。

実験を通して、太陽熱がエネルギーになることや、子どもたちが理科の授業で習った「空気は温めると軽くなって上昇する」という原理、色による熱吸収率の違いなど、さまざまなことを学んだようです。

グラウンドでバルーンを浮かべる。グラウンドにて。バルーンが浮かびました!

熱画像。バルーンの部分が赤く見える。サーモカメラの熱画像。赤く見えるのがソーラーバルーンです。太陽熱で温められたソーラーバルーンは膨張し、上昇します。

2006年11月10日 金曜日

和田東小学校と葵西小学校の授業

カテゴリ: 環境教育

カフェテリアにて(葵西小学校のみなさん)2006年11月7日(火)、10日(金)の二日間、大勢の小学生が「地球のたまご」にやってきました。浜松市立和田東小学校60名、浜松市立葵西小学校100名の、いずれも5年生です。

和田東小学校は、日頃から環境問題の勉強に熱心に取り組んでおり、2学期に入ってからはグループごとにテーマを選び、環境問題について発表を行ったそうです。

また、葵西小学校ではビオトープをテーマにした授業に取り組んでいるため、「地球のたまご」の観察をとても楽しみにされていたとのことです。

みなさん、学校の授業だけではなく、実際に「地球のたまご」の施設や敷地の中で自分の目で見て、手で触れて、匂いを嗅いで、という経験が大きな刺激になったようでした。

環境クイズ(和田東小学校のみなさん) 
環境クイズに手を挙げて答える子どもたち。

ソーラークッカーで太陽の力を実感。
ソーラークッカーで沸かしたお湯で、太陽の暖かさを実感。

環境問題についても、「温暖化」や「砂漠化」といった教科書やインターネット上の情報収集だけではなく、実際にOMソーラーで集熱した空気に触れ、手のひらで太陽のエネルギーを感じた体験にとても価値がある、と先生方も喜んでいらっしゃいました。

外でお昼ごはん。
お昼ごはんは外で食べました。

「OM」は何の略?

子どもたちにはいつも、「OMソーラーの“O”と“M”は何の略だと思う?」とたずねています。毎回いろいろなアイディアが出るのですが、今回も「お助けマン!」というユニークな答えが返ってきました。

また、別の小学校では「温暖化から守ろう」「大きくて丸い(太陽)」などと答えてくれたこともあります。

なるほど、と感心させられると同時に、OMソーラーについてよく理解してくれていることがわかり、嬉しく思います。

※正解は…「おもしろい」の“O”と、「もったいない」の“M”です!
→OMソーラーについて、詳しくはOMソーラーってなに?(OMソーラー協会サイト)をご覧ください。

OMソーラー株式会社 / 社屋「地球のたまご
〒431-1207 静岡県浜松市西区村櫛町4601 [ Tel ] 053-488-1700(代)[ Fax ] 053-488-1701
Copyright © 1997-2008 OM Solar Co., ltd. All rights reserved.