2006年5月24日 水曜日

小中学校の先生が「地球のたまご」で研修会を実施

浜松市では、「育てよう・夢・輝き・温もりのある子どもたち」という共通のテーマを掲げ、市内の小中学校の教職員が教科ごとに連繋した勉強会を計画しています。

カフェテリアにて今回、その研究会の第一回目として、2006年5月24日、理科研究部の先生方が「地球のたまご」で研修を行いました。

研究部の顧問である浜松市立都田中学校の内山校長は、

「教科書に書かれていないことをどれくらい知っているか。子どもたちに聞かれたことにスッと答え、「おー!先生すごい。」と言われたら、しめたものです。この『地球のたまご』から、役立つようなネタをひとつでも拾っていってください。」

と話されました。

内山校長
浜松市立都田中学校の内山校長。

OMからは、OMソーラーをはじめとするパッシブ技術のさまざまな試みや、ランドスケープの説明を行いました。

OMソーラーは単なる設備ではなく、暮らし方の提案であることや、その暮らし方が環境を守るための「我慢」ではなく、環境を活かした「快適な暮らし」であるということ。また、自然の環境、「熱」や「空気」に関心を持ち、謙虚に学び、家づくりや暮らしに反映させていくことが、これからの豊かさであると考え、OMソーラーはその「きっかけ」を提供するしくみだという説明については、やはり理科の先生方ということもあり、みなさん共感していただけたようです。

説明に耳を傾ける先生方OMソーラーのしくみや、「地球のたまご」を活用した環境学習の取り組みについて説明。
(OMソーラー協会サイト:OMソーラーってなに?

研修会の後、顧問である校長先生は

「今日、ここで話を聞いた教員たちが、たんぽぽの綿毛のように、それぞれの学校に飛んでいって、今日、学び、感じた話をきっと子ども達に伝えてくれますよ。」

とおっしゃっていました。

OMソーラー株式会社 / 社屋「地球のたまご
〒431-1207 静岡県浜松市西区村櫛町4601 [ Tel ] 053-488-1700(代)[ Fax ] 053-488-1701
Copyright © 1997-2008 OM Solar Co., ltd. All rights reserved.