2006年5月27日 土曜日

第2回「浜名湖地域の環境を考える」市民ワークショップ

湖岸の緑が濃くなってきた浜名湖を背に、浜名湖を思う皆さんの熱心な討論が交わされました。2006年5月27日、「浜名湖地域の環境を考える」市民ワークショップ会議の第2回目となる会合が「地球のたまご」で開かれました。

浜松市が平成18年度に策定する「天竜川・浜名湖環境共生計画」に対して、「浜名湖地域の環境保全と利用のあり方」の基本的な方針などについて、方向付けを探るために市民の立場から意見を出し合うというものです。

前回(第1回ワークショップ)は、浜名湖の良いところや問題点、それら課題解決のためにやっていきたいことを、関わっているそれぞれの立場から出し合いましたが、今回はその内容を受け、よりよい浜名湖の姿に向けて「どのような活動をしていくか」について話し合いました。

静岡県自然保護室のスタッフの方問題提起としては、静岡県環境保護室より、「浜名湖の水質は、果たして汚いのだろうか?」という発表がありました。

水質としては、季節での変動があるものの、環境基準値をクリアしており、水そのものが汚れているわけではない、ということです。

この問題には、理屈として理解を示す方、腑に落ちない方とさまざまで、グループ討論中もさまざまな意見が出ました。

また、「どうきれいにするか」の前に、「みんなが理解し、使える共通の基準を作ってはどうか」といった提案もありました。

前回同様、10人程度のグループに分かれてディスカッションをおこないましたが、どのグループも活発で、なかなかまとめに取り掛かれないほどの議論となりました。

  • 遊び心のある環境啓発プロジェクト
  • 「浜名湖活動カレンダー」の制作や配布
  • 気軽に遊んだり、釣りをしたり、潮干狩りをしたりできる場所が減り、水に親しむためのハードルが高くなっていることを改善
  • 有名人が浜名湖地域に住んだり、取材に訪れたりすることで、メディアへの露出を図る

といった提案が出された一方で、

  • 正しい情報を手に入れ、ワークショップなどを通じて共有し、発信するということをもっときっちりとやりたい
  • 正しい情報を元にして、関係するみんなが立場を超えて価値観を共有し、ひとつの基準を作っていくと良い

といった、具体的な活動にいたるためのプロセスについて再度見直しを促すような意見も出されました。

「どうきれいにするか」の前に、「みんなが理解し、使える共通の基準を作るのはどうか」といった提案も。「どうきれいにするか」の前に、「みんなが理解し、使える共通の基準を作るのはどうか」といった提案も。

はまなこ学遊倶楽部」を主催されている静岡文化芸術大学の宮川先生は、総括の中で

「グループ討論で挙がった、『行政は確信が持てないと動けないが、市民からなら何でも始められる。試行錯誤を重ねていけばいい』という考え方も大事。
水質などについては、みんなが認められるようなひとつの基準をつくり、評価ができるような仕組みを作っていくことが重要です。」

と話されました。

今回話し合われた内容が政策提言にどのように結びつくのか、また、決定される政策に対してわれわれがどのように関わっていけるのか、これからの動きを注視しながら、今後も「地球のたまご」を活用していきたいと考えています。

第1回ワークショップ

2006年5月24日 水曜日

小中学校の先生が「地球のたまご」で研修会を実施

浜松市では、「育てよう・夢・輝き・温もりのある子どもたち」という共通のテーマを掲げ、市内の小中学校の教職員が教科ごとに連繋した勉強会を計画しています。

カフェテリアにて今回、その研究会の第一回目として、2006年5月24日、理科研究部の先生方が「地球のたまご」で研修を行いました。

研究部の顧問である浜松市立都田中学校の内山校長は、

「教科書に書かれていないことをどれくらい知っているか。子どもたちに聞かれたことにスッと答え、「おー!先生すごい。」と言われたら、しめたものです。この『地球のたまご』から、役立つようなネタをひとつでも拾っていってください。」

と話されました。

内山校長
浜松市立都田中学校の内山校長。

OMからは、OMソーラーをはじめとするパッシブ技術のさまざまな試みや、ランドスケープの説明を行いました。

OMソーラーは単なる設備ではなく、暮らし方の提案であることや、その暮らし方が環境を守るための「我慢」ではなく、環境を活かした「快適な暮らし」であるということ。また、自然の環境、「熱」や「空気」に関心を持ち、謙虚に学び、家づくりや暮らしに反映させていくことが、これからの豊かさであると考え、OMソーラーはその「きっかけ」を提供するしくみだという説明については、やはり理科の先生方ということもあり、みなさん共感していただけたようです。

説明に耳を傾ける先生方OMソーラーのしくみや、「地球のたまご」を活用した環境学習の取り組みについて説明。
(OMソーラー協会サイト:OMソーラーってなに?

研修会の後、顧問である校長先生は

「今日、ここで話を聞いた教員たちが、たんぽぽの綿毛のように、それぞれの学校に飛んでいって、今日、学び、感じた話をきっと子ども達に伝えてくれますよ。」

とおっしゃっていました。

2006年5月9日 火曜日

村櫛小学校の授業

カテゴリ: 環境教育

コリドール先端のデッキにて2006年5月9日(火)、地元の浜松市立村櫛小学校の3年生(26名)と5年生(17名)が校外学習の一環として「地球のたまご」にやってきました。

到着した子どもたちは、まずは浜名湖が一望できるカフェテラスに集合して「地球のたまご」の説明を聞きました。

「地球のたまご」に生息する草花や生き物をスライドで紹介すると、子どもたちは写真をみて即答。

「ぺんぺん草!」
「ホトケノザ!」
「カラスノエンドウ!」

と、大人顔負けの知識を披露してくれました。

コリドールを歩く子どもたち建物を見学。全長50m以上あるコリドールに、子どもたちから歓声があがりました。

説明の後は、学年ごとに分かれて社屋の中と屋外を見学。屋内組は、OMソーラーシステムで実際に集熱された空気に触れて、そのしくみに納得していました。

屋外組は、まずは敷地内にある浄化槽の見学をしました。「地球のたまご」では日常生活で出される汚水や雑排水を、合併浄化槽の微生物によって浄化しています。各槽を経て徐々に水がきれいになっていく様子を見ながら、「へえ〜!」とびっくりしていました。

スズメやツバメの巣を見上げる子どもたち
スズメとツバメの巣を発見!

網を持って昆虫を観察
昆虫を観察。女の子のお目当ては、小さくてかわいいてんとう虫。

その後、敷地内のあちこちで、トンボやてんとう虫を捕まえましたが、めだかなど水中の生き物は観察を中心に行いました。

昆虫採集や観察だけでなく、植物の観察や草笛などを楽しんだ後、再びカフェテラスに戻ってお昼ご飯を食べ、おなかがいっぱいになったところで全員参加のクイズ大会です。

お弁当の時間
カフェテリアでお弁当も食べました。

クイズ大会の様子
クイズにチャレンジ!

OMソーラーシステムのエネルギー源は、太陽です。クイズでは、この太陽の大きさや地球からの距離、地球に届くエネルギー量などについて、3年生と5年生と先生が一緒になって考えました。

村櫛小学校の5年生は、今年度の環境教育の授業としても「地球のたまご」とOMソーラーを素材に勉強していく予定です。

村櫛小学校「児童会祭り」で、子どもたちが学習の成果を発表

2006年5月1日 月曜日

瑞穂小学校の遠足

カテゴリ: 環境教育

2006年5月1日(月)、浜松市立瑞穂小学校の6年生127名が、遠足で「地球のたまご」にやってきました。当日は天候にも恵まれ、元気いっぱいの子どもたちが、日頃あまり見ることがない大きな木造の建物と、緑に覆われた敷地を満喫していました。

カフェテリアにて

普段は40人程度でいっぱいになる「地球のたまご」のカフェテリアに、120人を超える子どもたちが集まりました。床に並んで座った光景に圧倒されながら、まずは「地球のたまご」の解説や、OMソーラーの説明をします。

カフェテリアで説明を聞く子どもたち地球のたまごの説明を、真剣なまなざしで聞く子どもたち。説明の後半には、こちらからの質問にも積極的に答えてくれました。

最初はおとなしかった子どもたちも、質問を交えながら話をしていくと徐々に打ち解けて、質問にも元気に答えてくれるようになりました。

「地球のたまご」の解説の中では、敷地内の植物の写真を見て

「ホトケノザ!」
「ぺんぺん草!」

と、名前を言い当てる子どもたちもいて、感心してしまいます。

ひと通りの説明が終わると、建物内と屋外に分かれて見学です。

建物見学では、OMソーラーで集熱した空気に実際に触れることで、あらためてそのしくみに納得したり、パソコンのモニターを見ながらの説明に興味深くうなずいている様子もみられました。また、野ウサギが敷地の中を走る姿を見つけた子もいて、見逃した子どもたちが悔しがっていました。

OMソーラーの動きをパソコン画面で確認OMソーラーの動きをパソコンのモニターで確認。「おおっ、すごい!」と拍手が起こる場面も。

屋外では、合併浄化槽のしくみや、水質浄化池の説明をしたあと、メダカやおたまじゃくしを観察しました。いつのまにか子どもたちは、四葉のクローバー探しや、シロツメクサの首飾りづくりに熱中していました。

屋外の見学に出発!
屋外見学に出発!

今回は2時間足らずの短い時間でしたが、子どもたちは自分自身の目で見たり、手で触ったり、匂いを嗅いだりしたことが、強く記憶に残ったのではないかと思います。

比較的自然に恵まれている浜松市においても、子どもたちの日常的な行動範囲である住宅地においては、公園のような「管理された自然」しか見ることができない地域が増えてきています。

「地球のたまご」では、木をふんだんに使った建物、環境と共生する設計手法、そして、本来、もっとも身近であるべき自然環境の提案をしていますので、これからも学校や地域の環境教育の1つのきっかけとして、多くの皆さんに活用していただきたいと思っています。

水質浄化池には、メダカやおたまじゃくしがいっぱい。
池の中のメダカやおたまじゃくしを観察。男の子たちにはヤゴが人気でした。

 

OMソーラー株式会社 / 社屋「地球のたまご
〒431-1207 静岡県浜松市西区村櫛町4601 [ Tel ] 053-488-1700(代)[ Fax ] 053-488-1701
Copyright © 1997-2008 OM Solar Co., ltd. All rights reserved.