2006年4月22日 土曜日

「浜名湖地域の環境を考える」市民ワークショップ

2006年4月22日(土)、(はまなこ環境ネットワーク)の呼び掛けで、地球のたまごを会場に「浜名湖地域の環境を考える」市民ワークショップ会議が開催されました。その模様をお伝えします。

よりよい浜名湖や流域と、そのためにできることを、みんなで考えよう

はまなこ環境ネットワークは、浜名湖流域の住民や環境保全団体、企業などが個々で活動するだけでなく、互いに情報交換しながら問題点や周りの取り組みを共有し、浜名湖を中心とした活動の環をつくっていくための団体です。

カフェテリアにて参加者は50名にのぼりました。

この市民ワークショップには大きな目的があります。

それは、今回を含む2回のワークショップを通じて、いつまでも皆が利用し続けることのできる豊かな浜名湖のために何が必要か、できることやすべきことをまとめ、市民の立場から浜松市へ提案することです。

今回は、私たちも参画している「はまなこ学遊倶楽部」をはじめ、10を超える団体に加え、企業や一般からの参加者もあり、総勢50名にのぼる参加がありました。

宮川先生はまなこ環境ネットワークの位置付けや、浜名湖の現状について説明する静岡文化芸術大学:宮川先生。

グループディスカッショングループディスカッションでは、浜名湖に関わる様々な立場から意見が上がった。

ワークショップでは4つのグループに分かれてディスカッションを行いましたが、みなさん日頃から熱心に浜名湖や流域・周辺地域のことを考えていらっしゃるだけあって、活発に意見が交わされていました。

以下、ほんの一部ではありますが出された意見をご紹介します。

浜名湖の問題としては、

  • 水質の変化(主に富栄養化や塩分濃度)
  • 周辺地域の人口減や、耕作地の放棄
  • 流域河川の水質、水源となる森林の荒廃
  • コンクリート護岸の増加による景観の喪失、生態系破壊
  • 浜名湖のことやそれにまつわるイベント、保護活動が報道・宣伝されていない
  • 釣りやレジャーで利用する人たちのマナー

このようなことが挙げられ、これらの問題に対して解決のためのさまざまな意見も同時に上がりました。

  • 水質の変化などはイメージだけで捉えず、数値などで情報を正しく把握すべき
  • スローライフのメッカとして恵まれた環境を活かし、PRする
  • 50年前の、昔の浜名湖の風景を知っている世代の話を聞いたり、護岸工事の際に意見を求めたりする
  • 話題になり、マスコミに取り上げられやすい形でのクリーン作戦イベントを実施する
  • 利用しやすい公共交通網(水上交通も含め)を整備する

 

「天竜川・浜名湖環境共生計画」への提言に向けて

次回のワークショップでは、今回の問題提起と解決手法の意見を元に、われわれ市民が望む浜名湖のあり方、利用の方向性についてまとめ、浜松市の「天竜川・浜名湖環境共生計画」に対する提言につなげていきます。

今回参加された皆さんの浜名湖への関わり方は、漁業、自然の保護、観光利用、マリンスポーツなどさまざまで、「目指す浜名湖の姿」も一様ではありません。

ですが、今回のようなネットワーク間の交流、情報交換の場を持つことで、同じ方向を目指せるようにしていきたいものです。

グループ発表を終えて、「天竜川・浜名湖環境共生計画策定市民検討委員会」の委員を務める静岡大学教授・小嶋先生は、「まず、私達の地域に浜名湖があるということそのものに、あらためて感謝してほしい」と、その感想をおっしゃっていました。

現状いろいろな課題はありますが、その浜名湖が存在していることを「あたりまえ」ではなく「ありがたい」という風に、一人ひとり意識を持ち直すことの重要さを感じました。

小嶋教授グループ発表後、感想を話される静岡大学:小嶋教授。

詳細:「はまなこ環境ネットワーク」サイト内
イベント情報「「浜名湖の環境を考える」市民ワークショップ」

第2回ワークショップの様子

2006年4月18日 火曜日

「地球のたまご」が観光コースに

カテゴリ: 産業観光

●終了しました

ツアー専用の観光バス2006年4月13日(木)〜24日(月)の期間、「地球のたまご」が観光旅行のコースになりました。

これは地元の舘山寺温泉観光協会の企画で、ホテルや旅館の宿泊者を対象に、浜名湖周辺の旬の見どころをバスで案内するという企画です。これまでは「紅葉見学」、「みかん狩り」、「とらふぐの水揚げ」などのコースがありましたが、今回、「環境にやさしい施設」として見学コースに選んでいただきました。

見学にいらした方は、ほとんど「地球のたまご」も「OMソーラー」もご存知ない方ばかりですが、建物や風景をとても楽しんでいただいております。

デッキ先端にて、池をバックに記念撮影
見学者の皆さんと、コリドールの先端デッキで記念撮影。

この期間中限定で、地元の小物を展示販売しており、こちらも好評です。ぜひ、気軽に遊びにいらしてください!

お土産
お土産は、地元ならではのグッズを揃えました。

OMソーラー株式会社 / 社屋「地球のたまご
〒431-1207 静岡県浜松市西区村櫛町4601 [ Tel ] 053-488-1700(代)[ Fax ] 053-488-1701
Copyright © 1997-2008 OM Solar Co., ltd. All rights reserved.