2012年7月21日 土曜日

千葉大の皆さんと、共同どんぐり!

記念撮影
2012年7月20、21日にかけて、千葉大学で環境造園学を学ぶ大学院生の皆さんが地球のたまごにいらっしゃいました。皆さんは、地球のたまごのランドスケープを手がけた田瀬理夫さんの講義を受けており、2年に1度程度、田瀬さんの実践を学ぶ意味を込めて地球のたまごにいらっしゃっています。

今回は、泊まりがけでいらっしゃり、初日は全体を見学するとともに弊社スタッフや田瀬さんによる「地球のたまごの成り立ち」「今、起こっている環境問題」といった座学を受講。2日目は、皆さん作業着となり、OMソーラー(株)スタッフとともに草刈りや木に巻きついたクズの処理といった、敷地のお手入れを一緒に行いました。地球のたまごでは、「どんぐりプロジェクト」として、実生の採取、育苗、植樹、草刈りに至るまで、スタッフが自分たちで敷地のお手入れを行っています。今回は、そのコンセプトに賛同をいただいた上で、一緒に作業をしていただきました。
スタッフレクチャー
弊社スタッフより、建物のコンセプト紹介とどんぐりプロジェクトの活動報告。

建物見学
建物見学では、いろいろな生き物を発見。

共同研修
夜は研修施設で田瀬さんからのレクチャーを一緒に受講しました。

普段スタッフだけで作業をしていると、夏の草の生長の勢いに太刀打ちできず、なかなか作業範囲が広がらないのですが、若い皆さんが一日一生懸命作業してくれたおかげで、格段に作業範囲が広がり、敷地が見違えるほどきれいになりました。お昼ごはんもご一緒し、作業を通して親交も深まったように思います。千葉大生の皆さん、本当にありがとうございました!

作業スタート
2日目。着替えて作業の内容を確認。さぁ、作業スタート!
作業
鬱蒼とした茂みの中で、黙々と作業に取り組む学生さんたち。頼もしい!
お昼ごはん
お昼ご飯でスタミナをつけて、午後もパワフルに作業していただきました。
作業
作業終盤には見違えるほどになりました。
池のほとり作業前
池のほとりbefore。
池のほとり作業後
池のほとりafter。
建物西側作業前
建物西側土手before。
建物西側作業後
建物西側土手after。
建物南側作業前
建物南側before。
建物南側作業後
建物南側after。

2011年3月3日 木曜日

「どんぐりプロジェクト」がテレビ取材を受けました!

作業内容
3月3日(木)、OM社員自らの手で浜名湖に自生する植物を植栽、剪定、草刈などを行う「どんぐりプロジェクト」が地元テレビ局である、静岡第一テレビ(日本テレビ系列)の取材を受けました。

この日のどんぐりプロジェクトの内容は、苗木に絡まったクズを撤去する「クズ取り」、「ダンチク刈り」、「植苗」など。普段、我々が行っている敷地の手入れのいろいろなシーンを紹介してくださるということで、作業の様子を撮影していただきました。
この日撮影した模様は3月27日(日)、「静岡から考える生物多様性(仮)」という30分番組の中で紹介されます。どんな風に仕上がるのか、楽しみです。
作業開始

作業開始。どんぐりプロジェクトでは、毎回作業分担が発表され、その後おのおのカマやハサミや草かり機といった道具を手に散り散りとなります。

作業内容

この日の作業内容。

クズ取り

クズが植栽に絡みつくと、幹をしめつけたり、日当たりが悪くなったりして生長の妨げになるので、クズを取ってあげます。

インタビュー

作業の合間にインタビューを受けるスタッフ。緊張します。

建物案内

建物内もご案内。

ダンチク刈り

要所要所は残しながら、ダンチクの株を、人の腰あたりの高さを目安に丸刈りをしました。見た目がスッキリするとともに、新芽の生長を助けます。

ダンチク刈り

ダンチク刈りの姿も撮影。

植苗

コナラ、ヒサカキ、ノイバラ、ケヤキなどの苗を新たに植えました。


終了

無事植わりました。

お疲れさまでした

撮影終了。お疲れさまでした。

2010年7月10日 土曜日

千葉大の学生さんがどんぐり作業に参加

敷地内を散策
7月9日、10日と千葉大の大学院生2名と「地球のたまご」のランドスケープを手がけたPLAMTAGO(プランタゴ)さんがいらっしゃいました。

千葉大学大学院の「環境造園計画学セミナー」の授業の一環で、PLAMTAGOの田瀬氏が講師となり、地球のたまごの計画の全貌をお話され、OMソーラー(株)からは竣工後の施設の活用や植生の手入れや調査を社員自らの手で行っている「どんぐりプロジェクト」などの取組みについて説明をさせていただきました。
OMソーラーからの説明

OMソーラー(株)からの話に熱心にノートを取っています。

また、種や苗木を採取した現場を実際に回り、地球のたまごの将来の姿や在来種が多く残る林や周辺の環境についてみて回りました。
2日目の授業では、スタッフも加わり、どんぐりプロジェクトの作業を開催。周りの草に隠れていた苗を多く救い出していただきました。
梅雨の晴れ間でお天気にも恵まれ、爽やかな疲労感に包まれた一日となりました。
昆虫との遭遇

散策中ゴマダラカマキリやカブトムシなど様々な昆虫にも出会いました。

水路にいる生物を観察

水路にいる生物を観察しました。

敷地内を散策

人の背丈を越えるまで成長した苗の間をぬって敷地内を散策しました。

2010年7月5日 月曜日

九都県市会議が地球のたまごで開かれました!

見学の様子
関東エリアには、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市の知事または市長により構成され、首都圏に共通する広域的課題について積極的に取り組むことを目的とする九都県市首脳会議(別名:首都圏サミット)があります。2010年7月5日、この会議の環境検討委員会が地球のたまごにて開催されました。

今回の議題は東京都を中心に進めている太陽熱利用について理解を進め、普及の検討を図ることを目的としたものです。
太陽熱を利用した施設ということでじっくりと見学をいただくとともに、数時間にわたり勉強会・意見交換会を行いました。OMソーラーの基本的なしくみや概要はもちろんのこと、自然エネルギー利用全体における太陽熱の位置づけや現状、課題なども積極的にご質問をいただきました

勉強会・意見交換の様子

勉強会の様子。数時間にわたり意見が交わされました。


アルコーブの見学

施設内アルコーブの見学。


しくみについて説明

しくみについても説明。熱心に説明に聞き入る皆さん


2010年3月10日 水曜日

ストローベイル建築研究会の見学団が来日

見学団イメージ
韓国より、韓国ストローベイル建築研究会の見学団の皆さんが来日。3月6日に視察先の一つとして地球のたまごにいらっしゃいました。

同研究会は、会員25,000人の韓国全国のネットワークで、今回は多くの参加希望者の中から選ばれた方々が見学団として来日されました。当日はあいにくのお天気でしたが、地球のたまごのほかに近隣のOMソーラーの家も2軒ご案内したところ、前日の蓄熱効果により雨の中でも室内が暖かかったことから、OMソーラーの蓄熱効果を体感していただく機会となりました。
OMの家のロフトにて
近隣のOMソーラーの家のロフトにて。

見学団の皆さんは、日本におけるストローベイルハウスへのOM導入事例などに関心を寄せるなど、韓国でのOMソーラーの展開も考えなら、熱心に見学されていました。
今回の見学レポートは、韓国ストローベイル建築研究会の会員に報告される予定とのことです。
パンフレットをご覧になる皆さん
パンフレットを熱心にご覧になる見学団の皆さん。

質問風景
ストローベイルハウスへのOM導入について、技術的な質問もたくさんいただいた。

次のページ »

OMソーラー株式会社 / 社屋「地球のたまご
〒431-1207 静岡県浜松市西区村櫛町4601 [ Tel ] 053-488-1700(代)[ Fax ] 053-488-1701
Copyright © 1997-2008 OM Solar Co., ltd. All rights reserved.