2010年11月27日 土曜日

「地球にやさしい住まい方を考えるECOバスツアー」開催

見学の様子2010年11月27日(土)、静岡県エコリフォーム推進協議会(設計事務所、工務店など建築の専門家で構成)の「地球にやさしい住まい方を考えるECOバスツアー」で19名が地球のたまごにお見えになりました。

今回は、地球のたまごと浜松市エコハウスモデルを見学されるということでしたので、地球のたまごでは、家庭におけるエネルギー消費、建物の温熱環境と住まい手の健康との関係などについてご説明した上で、建物の見学をしていただきました。
説明中

皆さんに説明中。

参加された皆さんからは「エコハウス、エコリフォームといっても、省エネだけではなく、快適や健康への配慮も必要だと感じた」「温熱環境が健康に与える影響の大きさを認識した」といった感想をいただきました。

地球のたまごの建物見学では、やはり専門家ということもあって、構造材、仕上材、家具や外構工事など多岐にわたって非常に興味を持っていただき、専門的な質問や貴重なご意見もたくさんいただくことができました。
1127-3.jpg

皆さんで記念撮影。

2010年9月19日 日曜日

浜松サイエンスアドベンチャークラブがやって来ました

太陽熱を体感
9月19日(日)、浜松科学館が主催する「浜松サイエンスアドベンチャークラブ」の皆さんが地球のたまごにやってきました。
浜松サイエンスアドベンチャーとは、「ものづくりのまち浜松」を支える科学好きの子どもを育成することを目的に、市内の小中学生が地元の企業やビジターセンターを訪問して、レクチャーを受けたり体験をすることで、科学の魅力を知ってもらうことを狙いとした企画です。
環境クイズにチャレンジ!
この日は、「ソーラーパワーを体験しよう」というテーマで、OMソーラーのしくみの説明を聞いた上で、実際にOMソーラーのしくみで温められた空気を触ってもらったり、太陽に関するクイズをみんなで考えて盛り上がりました。

太陽クイズにチャレンジ!

中でも一番注目を集めたのは、ホットケーキづくり挑戦したソーラークッカーでした。地球のたまごに到着した時にセッティングした鍋の中の温度は、太陽の光を受けてどんどん上昇し、40分ほどで焦げ目がつくほどふっくらと焼き上がりました。建物見学の後は、太陽で焼いたホットケーキを頬張りながら、質疑応答をして見学会は終了しました。
子どもたちも「ソーラーパワー=太陽光発電」というイメージから、「太陽エネルギーの熱利用」ということに興味を持ってもらえた一日でした。
ソーラークッカーでホットケーキづくり

ソーラークッカーに置いた鍋のフタを開けると…。

ソーラークッカーでホットケーキづくり

フワフワのホットケーキ!大成功でした。

2010年8月28日 土曜日

東邦ガス主催研修会で、地球のたまごを見学

コリドール
8月27日、東邦ガスさん主催の研修会で、東邦ガスさんと日頃お付き合いのある企業や団体の皆さん約60名が地球のたまごにいらっしゃいました。

今回は、弊社が日頃お世話になっている矢崎総業さんとお付き合いのある東邦ガスさん主催の視察研修ということで、いくつかの見学先の一つとして弊社を選んでいただきました。多くの皆さまにお越しいただいたため、2組に分かれて見学を行い、それぞれ説明の時間を
含め約40分ほど滞在をいただきました。記録的な猛暑のさなかとあって、空調のないコリドール部分(しかも遮光カーテンを現在取り替えのため撤去中)など、屋外と同じくらいに暑くなっている部分もありましたが、その分、通風や緑のカーテン等の効果を体感していただいたように思います。
また、お越しいただいた方の中には、病院や学校、福祉施設の関係者も多く、弊社の施設建築の事例等にも目を留めていただきました。
「OMソーラーについて知識が無かったが今回の見学で大変勉強になった。」「単純なシステムだが面白かった。」「省エネになりエネルギーをうまく利用している。ボイラーのようだ。」等のご意見もいただき、楽しい交流になっただけでなく、弊社としましてもOMソーラーを知っていただく良い機会となりました。

説明の模様

屋上緑化をしている空間で、説明の時間。

資料配布

当日は、OMソーラーの施設建築の資料も配布。

交流の時間

会話が弾み、短いながらも楽しい交流の時間となった。

2010年5月14日 金曜日

アースデイはままつに出展しました

毎年4月22日は、地球のために行動する日、「アースデイ」。
それにちなんで、地球のたまごのある静岡県浜松市でも、今年で3回目となる「アースデイはままつ」のイベントが行われました。OMソーラー(株)でも、地元企業として協賛・ブース出展を行いました。
記念撮影

アースデイはままつは、地元の大学生らが中心となって年々少しずつ内容が充実してきており、今年は2回のビーチクリーンとブース出展を中心に、ゴミレンジャーによるショー、エコファッションコンテスト、サイクリングなども実施。
2000人近い参加者が訪れる華やかなイベントとなりました。
中田島砂丘のゴミ拾い
ゴミ拾いのメイン会場は、日本三大砂丘の一つ、「中田島砂丘」。5月の連休に開かれる「浜松祭り」に備えて、この日は凧揚げの練習に来られている人の姿も。缶やビニール袋、ビーチセットなどなど、砂丘や波打ち際には、たくさんのゴミ・ゴミ・ゴミ…。
オープニング
アフリカの音楽にあわせた軽快な踊りの披露や実行委員長の挨拶など、真面目な主旨の中にも楽しい雰囲気の漂うオープニングイベント。

OMソーラー(株)のブースは、パネルと資料の展示だけのシンプルなものでしたが、地元ということもあり、「OMソーラー知っていますよ」「OMさんの会社は見学できるんですよね」等の声をかけていただき、来場者との親睦を深めることが出来ました。
イベント自体は和やかでしたが、日本三大砂丘の一つに数えられる、風光明媚な中田島砂丘に散りばめられたトラックいっぱいのゴミを見ると改めてショックを受けざるを得ません。こういった機会をきっかけに、毎日をアースデイにしていく気持ちを大切にしたいと思います。
ブース展示
展示ブース。地元ということもあり、社名や活動を知っているという方、太陽エネルギーに興味があるという方々が足を止めて見て行かれた。

2010年1月28日 木曜日

小学校のイベントでOMソーラーのクイズを出題

児童会祭り2010年1月28日、地球のたまごの近隣にある浜松市立庄内中学校で、日ごろの学習の成果を保護者や近隣の方々に発表する「児童会祭り」が開催されました。

村櫛小学校では、毎年5年生が「環境」をテーマにした総合学習を行っており、地球温暖化をはじめとする環境問題とともに、太陽熱や太陽光、水力、風力といった自然エネルギーの利用についても勉強を行っています。
OMソーラーの社屋「地球のたまご」には、年間に何度か行き来があり、太陽熱利用についても理解を深めてきたことから、今回、日ごろのお礼と勉強の成果の発表を兼ねて、私たちもご招待を受けました。
今回招待を受けた5年生は、クラス全員の出し物として、サイコロゲームをしながら進む環境クイズを企画。教室の床にはマス目でつくられた長い道が用意され、私たちを含む来客者は、教室の入り口で渡されたサイコロを振りながら進み、人生ゲームのように、出た数字分マス目を進んではクイズに答えていくという内容です。
「オゾン層はどこにありますか?」「地球温暖化の原因といわれているものは?」などクイズの内容も、クイズを書いた紙も自分たちで一生懸命つくったもので、特にOMソーラーについてはシステム図とともに紙芝居形式の解説もつくなど、とても力の入った内容でした。
解説をつくった子はOMソーラーのパンフレットやWebサイトを親子で一生懸命読んで整理してくれたそうで、とてもわかりやすくまとまっていたように思います。

クイズに答えながら進む来客者
教室全体に敷かれたマス目の上を、来客者はクイズに答えながら進むというしくみ。

OMソーラーについての解説
OMソーラーについての解説。「太陽熱利用」「パッシブソーラー」という、聞きなれないワードも理解して解説してくれた。

すべてOMソーラーの解説
すべてOMソーラーの解説。時間をかけてつくった力作。

« 前のページ次のページ »

OMソーラー株式会社 / 社屋「地球のたまご
〒431-1207 静岡県浜松市西区村櫛町4601 [ Tel ] 053-488-1700(代)[ Fax ] 053-488-1701
Copyright © 1997-2008 OM Solar Co., ltd. All rights reserved.