2012年6月16日 土曜日

豊橋技術科学大学の皆さんの見学

モデルハウスへ
2012年6月15日、お隣愛知県より、豊橋技術科学大学の皆さんが見学にいらっしゃいました。同大学の皆さんとは、弊社のスタッフを通じて交流を持っており、これまでも地球のたまご内のベンチレーターの換気量測定などを行ってもらうなど、してきました。

今回は、地球のたまごとあわせて、春に完成した実験棟、モデルハウス等もご覧いただきました。今後も学生の皆さんからユニークなアイデアをいただきながら、連携していけたらと思います。

歩きながら散策
敷地を歩きながら散策。
モデルハウス前で記念の一枚
モデルハウスの前で、皆で記念写真。

2012年5月25日 金曜日

浜松市立村櫛小学校5年生の皆さんがやって来ました

カテゴリ: 環境教育

村櫛小学校の皆さん

2012年5月25日、浜松市立村櫛小学校の5年生の児童31名が地球のたまごにやって来ました。村櫛小は、地球のたまごの最寄りの小学校で、毎年5年生が環境学習の一環として見学にやって来ます。

この日は、「気化熱」「打ち水」などの効果が体感できる実験に挑戦。お湯で腕をぬらしてから、うちわで濡らした部分を仰ぐととても涼しく、児童からは歓声が上がりました。「この実験は、湯でやるのがミソ。水だったら、水温が冷たいから涼しく感じるような気がするけれど、あたたかいお湯でも仰ぐと涼しいのは、水分が蒸発するときに皮膚の表面温度を奪っていってくれるという証拠」という解説を加えると、みんな頷きながら納得していました。
お湯で手を濡らす
バケツに入れたぬるま湯に腕を浸す
うちわで扇いでみる
バケツに入れたぬるま湯に腕を浸す。
うちわで扇いで涼しさ実感
うちわで扇いで涼しさを実感。
さらに、「この現象は、私たちの身体で汗が自動的にしてくれているんですよ」「運動をした後にみんなお母さんに着替えをしなさいとよく言われると思うけれど、これは汗が体温をどんどん奪って風邪をひきやすくなることにつながっているんです」「夏の熱いときに、打ち水して風が吹くと涼しく感じるのと同じ」といった言葉を続けたところ、それぞれの体験と重ね合わせることでより理解を深めたようです。

皆さんは、地球のたまごでの学習用に手づくりのノートを持参してきており、私たちからの説明を熱心に書き込んでいました。また、ノートをつくるにあたり、それぞれ私たちへの質問を考えてきており、「自然エネルギー利用はOM以外にどんなものがあるのですか?」「雨の日はどうするんですか? 続いたらどうするんですか?」「どうやって創業したんですか?」等、時間が足りなくなるほど積極的に質問をいただきました。
熱心な児童たち
熱心に授業を聞く児童たち。

質問を受けて、「OMソーラー以外の自然エネルギーって、どんなものがあると思いますか?」というこちらからの質問にも「太陽光」「風力」「水力」とともに「地熱」「潮力」などの大人でも思い浮かびにくいワードも飛び出し、皆さんの将来がとても頼もしく感じました。なお、村櫛小学校へは、来月、こちらからも訪問し、ソーラークッカーで一緒に調理実習を行う予定です。

建物内も見学
授業の後は、建物内を見学。

2012年5月7日 月曜日

掛川市北中学校の皆さんの見学

カテゴリ: 見学, 環境教育

授業の模様

2012年5月7日、静岡県西部の掛川市から、掛川市北中学校の皆さん31名が地球のたまごにいらっしゃいました。

この日は皆さんの宿泊訓練の初日にあたり、地球のたまごでの授業を経て浜松市内の活動センターで宿泊訓練を行うとのことです。授業では、あらかじめ先生から「将来の職業を考えるにあたって、OMソーラーの仕事を紹介してほしい」というリクエストもあったため、地球のたまごでどんな仕事が行われているのか、どんな部署があるのか、また、社会に出るときにどんなことを大切にしてほしいのか、といったお話もさせていただきました。

OMソーラーについては、「全国どこでも効果が得られるのですか?」「名前の由来を教えてください」「全国の家がみんなソーラーにしたら、どのくらいのエネルギーになるのか?」などなど、質問もたくさんいただき、積極的に授業に参加してくれました。この日学んだことが、少しでも皆さんの将来の職業選択を考える参考になればと思います。

熱心に説明を聞く生徒たち。
熱心に説明を聞く生徒たち。

コリドール見学
「木の床超イイ」「この木の形、ウケる!」という中学生らしいコメントも聞かれました。

2012年2月17日 金曜日

関東学院大学の皆さんが見学にいらっしゃいました

見学
2012年2月17日、関東学院大学の学生の皆さん24人が見学にいらっしゃいました。
建築や都市環境等、工学部の学生さんが中心で、今回はいくつかの研究室が合同で視察に来てくださいました。

今回の視察は、浜松市内でOMソーラーを導入した施設「春野自治センター」と地球のたまごがメインということで、地球のたまごでは社屋のほか、3月に向けて建設中の実験棟などもご覧いただいました。実験棟では、今後さまざまな環境下での集熱実験や温熱計測を行っていくのですが、中には、卒業研究で集熱パネルに近いようなものをつくった、という学生さんもいらっしゃり、実験メニューに興味津々の様子でした。

質疑応答では、「超高層ビルでもOMはできますか?」「OMスマートネットはアイフォンでも読み込めるのですか?(読み込めます)今後、OMソーラーに関するアプリなどは開発していくのでしょうか?」など、学生さんらしい柔軟な質問をいただき、楽しい交流の時間となりました。

実験棟見学
3棟並んだ実験棟を見学。

見学の様子
見学しながら、学生同士いろいろと話し合っていました。

2011年11月27日 日曜日

森林文化アカデミー+オーストラリアの大学生がいらっしゃいました

熱心に話を聞かれる皆さん
2011年11月27日、岐阜県立森林文化アカデミーの方が、オーストラリアの大学、The University of New South Walesの大学院生とともに地球のたまごにいらっしゃいました。

森林文化アカデミーでは、自然を代表する「森」と再生可能な「木」の活用を通して、自然の循環と一体になった持続可能な社会を築くことを目指しており、森林資源に恵まれ、すぐれた「ものづくり(匠)」と「木造建築」の伝統がある岐阜県にて実践的な高等教育の拠点として設立されました。
質問もたくさんいただきました
言葉の壁を飛び越え、非常に熱心に質問をくださる皆さん。

弊社とも、日頃から木材利用などの点でお付き合いがあり、今回、親交のあるThe University of New South Walesの大学院生たちを連れて、施設見学にいらっしゃいました。

建築、木材利用、自然などに興味がある学生さんとあって、真剣に見学をいただき、質問もたくさんいただき、
通訳の方を介して(汗)たくさんのお話をさせていただきました。
屋上で記念撮影
屋上に出て記念写真。

« 前のページ次のページ »

OMソーラー株式会社 / 社屋「地球のたまご
〒431-1207 静岡県浜松市西区村櫛町4601 [ Tel ] 053-488-1700(代)[ Fax ] 053-488-1701
Copyright © 1997-2008 OM Solar Co., ltd. All rights reserved.