冬の床暖房

冬の床暖房

熱の集めかたと取り込みかた

熱の集めかたと取り込みかた

集熱と発電

  • 太陽光発電パネルと集熱パネル

    太陽光発電パネルと集熱パネル

  • 棟ダクト

    棟ダクト

太陽の熱で屋根面が温まると、外気取り入れ口から集熱空気層へ新鮮な空気が入ります。温かい空気が上昇する性質を使います。秒速数cm~10数cm程度のゆっくりとした速度で太陽光発電パネル(※1)を通り、さらに集熱パネル(※2)で温度を上げ、棟ダクトに集められます。地域や季節により異なりますが、冬の快晴の日で、集熱温度は約60℃ほどにもなります。
※1太陽光発電パネルは発電時に熱を発します。その熱も利用しながら、発電効率の低下も軽減します。
※2集熱パネルは、風による温度低下を防ぐとともに、「温室」のような働きによってさらに空気の温度を高める表面が強化ガラスの金属製集熱パネルです。

OMクワトロソーラー

集熱空気取り込み

  • ハンドリングボックス

    ハンドリングボックス

  • 立ち下がりダクト

    立ち下がりダクト

棟ダクトの熱い空気を、ハンドリングボックス(※1)のファンで床下空気層に送ります。立ち下がりダクトを通る経過で、OMエアフォールで空気を清浄化します。
※1ハンドリングボックスは、ファンの動力に自立運転用太陽光発電パネルの電力を利用します。(商用電力を使用するタイプもあります。)

蓄熱と放熱

  • 床下空気層/蓄熱コンクリート

    床下空気層/蓄熱コンクリート

  • 床吹き出し口

    床吹き出し口

    PDF(1003KB)

床下空気層に届いた熱い空気は、蓄熱コンクリートに熱を貯めながら、床吹き出し口を通って家全体を床から温めます。
日が沈んだあとも朝にかけて、蓄熱コンクリートから放熱を続け、昼と夜、部屋ごと、それぞれの温度差を軽減します。

熱の貯めかたと床暖房のしかた

熱の貯めかたと床暖房のしかた

補助暖房

太陽の出ない日には、太陽熱は使えません。そのような時に、補助的な暖かさをプラスする機器を、補助暖房と呼びます。ガスや電気を利用した補助暖房「加温ボックス」と「切り替え加温ボックス」。立ち下がりダクトの経路に設置します。