ニュース 2015 年

  • 2015年12月22日 更新

    室温と血圧の関係について共同研究結果を発表

    ―就寝中の平均寝室室温が10℃低下すると、朝の血圧は7mmHg上昇―

    OMソーラー株式会社と、慶應義塾大学 理工学部(伊香賀俊治教授)、自治医科大学 循環器内科学部門(苅尾七臣教授)、オムロンヘルスケア株式会社(本社所在地:京都府向日市、代表取締役社長:荻野 勲)は、「住まいと健康」についての共同研究により、就寝中の寝室の室温が、起床後の血圧に与える影響についての実証調査の結果をまとめました。

    詳細はこちら→

  • 2015年12月18日 更新

    年末年始休業のお知らせ

    日頃は、OMソーラーのサイトをご愛顧いただき誠にありがとうございます。
    誠に勝手ながら、OMソーラー株式会社では2015年12月26日(土)から2015年1月4日(月)までの期間、年末年始休業とさせていただきます。ご不便をお掛けいたしますが、ご了承のほど何卒よろしくお願いいたします。
    この期間中にいただきました当ホームページ宛のお問合せにつきましては、2016年1月5日(火)以降の対応とさせていただきます。
    OMソーラー株式会社の休業前最終日と年初の営業時間は以下となります。
    休業前最終日:2015年12月25日(金)9:00〜18:00
    年初:2016年1月5日(火)9:00〜18:00
  • 2015年11月17日 更新

    チルチンびと別冊 OMソーラー太陽と空の家 発売

    チルチンびと別冊 OMソーラー太陽と空の家 発売
    「チルチンびと別冊 OMソーラー太陽と空の家ー太陽で床暖房。環境と健康にやさしいパッシブソーラー」が本日より書店に並んでいます。地域工務店が建てたOMソーラーの住まいと暮らしの様子を写真とインタビューで構成、店舗や保育園なども紹介しています。ぜひお手にとってご覧ください。


  • 2015年10月08日 更新

    OM体感セミナー in 仙台を開催

    2015年11月13日(金) 仙台にて設計事務所さまを対象にしたOMソーラー主催の「OMソーラー体感セミナー」を開催します。
    パッシブ建築を2棟見学の後、この2棟の設計者である建築家野沢正光氏にご講演いただきます。
    2棟の内1棟はNEDOの実証実験で全国5箇所に建設した実証棟のひとつ、もう1棟は低層木造オフィスの事例です。講演では設計主旨や実践例を通じて東北におけるこれからのパッシブ建築についてお話いただきます。
    この他、最新技術の解説、OMソーラーの採用事例紹介を行う、約4時間半のセミナーです。
    今後の設計活動、建築計画にお役立てください。
    詳細やお申込みは以下のページをご覧ください。
  • 2015年09月01日 更新

    OMソーラーシステムを対象としたローンで業務提携

    このたびOMソーラーでは、大手信販会社ジャックスと提携し、新築住宅、およびリフォーム工事における「OMソーラー専用ローン」の取扱いを開始いたしました。
    →サービス内容の詳細はこちら
  • 2015年09月01日 更新

    サポート終了のご案内

    販売終了後15年以上経過した製品にいてのサポート終了のご案内です。
    2016年7月末日をもちまして、サポートを終了させていただくこととなりましたのでご案内申し上げます。
    詳しくは「旧型ハンドリング製品サポート終了のご案内」をご覧下さい。
    →旧型ハンドリング製品サポート終了のご案内はこちら
  • 2015年06月26日 更新

    東京にて設計事務所ガイダンス開催

    2015年7月29日(水) 東京にて設計事務所さまを対象にしたOMソーラー主催の「設計事務所ガイダンス」を開催します。
    詳細やお申込みは以下のページをご覧ください。
  • 2015年04月22日 更新

    「住まいと健康」に関する共同研究実証調査の結果をまとめました

    ------
    「住まいと健康」に関する共同研究
    室温が家庭血圧に与える影響についての実証調査を実施
    −足元付近の室温が10℃低下することにより、血圧は平均9mmHg上昇−
    ------
    OMソーラー株式会社と、慶應義塾大学 理工学部(伊香賀俊治教授)、自治医科大学 循環器内科学部門(苅尾七臣教授)、オムロン ヘルスケア株式会社(本社所在地:京都府向日市、代表取締役社長:荻野 勲)は、「住まいと健康」についての共同研究を実施し、足元付近の室温が家庭血圧に与える影響についての実証調査の結果をまとめました。

  • 2015年03月26日 更新

    エコ住宅の新築、エコリフォームをご計画の方へ省エネ住宅ポイントを

    省エネ住宅ポイントの発行申請受付が、3月10日より始まりました。
    省エネ住宅ポイント制度は、一定の省エネ性能を有する住宅の新築やエコリフォームに対して、ポイントを発行する制度で、国土交通省により行われています。
    省エネ住宅の新築やエコリフォームの普及を図るとともに、家づくりをする個人の方に向けてポイントによるサポートを行うことで、住宅投資の拡大を図る事を目的としています。
    発行されたポイントは、省エネ・環境配慮に優れた商品、復興支援商品、全国で使える商品券・プリペイドカードに交換したり、環境寄附・復興寄附に利用できたり、条件により当該工事を行う工事施工者が追加的に実施する工事の費用に充当したりできます。
    該当期間にエコ住宅の新築、エコリフォームをご計画の方はぜひご活用ください。
  • 2015年03月25日 更新

    ゼロ・エネルギー住宅に対する補助事業開始のお知らせ

    平成26年度住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業)(補正予算に係るもの)の公募が3月20日より開始されました。本事業は、2030年までに新築住宅の平均でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指すべく、高断熱外皮、高性能設備と制御機構等を組み合わせ、住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(以下、「ZEH」という)を新築する、ZEHの新築建売住宅を購入する、または既築住宅をZEHへ改修する者に補助金を交付するものです。
    OMクワトロソーラーは、空気集熱式太陽熱利用システムと太陽光発電システムのハイブリッドシステムとして補助対象設備に認められており、本事業の趣旨である環境社会への貢献に寄与します。
    本事業の申請に関する情報ならびに申請手続代行のご依頼につきましては、お近くの会員工務店にお問い合わせ下さい。事業の詳細につきましては、一般社団法人環境共創イニシアティブのWebサイト(http://sii.or.jp/zeh26r/ )をご参照下さい。
  • 2015年02月24日 更新

    2030年の標準仕様を学ぶ住まいの公開セミナー4月16日開催

    2013年に改正された省エネ基準は2020年には義務付けされます。
    そして2030年には新築住宅の平均でゼロ・エネルギー住宅とすることが国の目標として掲げられています。
    "ゼロエネ・ハウス当たり前時代"を目の前にして、OMソーラー株式会社では、NEDOの補助事業採択を受け、全国5地点において「太陽熱エネルギー活用型」のモデルハウスを建設しました。
    全国のモデルハウスの内、静岡モデルハウスの見学会と、午後のセミナーを4月16日(木)に開催いたします。
    東京大学工学部建築学科准教授・前真之氏の講演、そして前真之氏、新建新聞社代表取締役社長・三浦祐成氏、建築家・秋山東一氏による、これからの地域工務店が目指すべき家づくりについてパネルディスカッションを行います。
    多くの皆様のご参加を関係者一同、お待ちしております。

  • 2015年02月03日 更新

    OM施設見学会・設計事務所ガイダンス開催

    設計事務所およびOMソーラーをご検討中の地域工務店、自治体、民間事業者様向けのイベントを2つお知らせいたします。埼玉県にある「おがやの里しもだ保育園」にてOM施設見学会を3月14日(土)に、OMソーラー導入ガイダンスを3月18日(水)に、それぞれ開催いたします。
    「ガイダンス・施設見学会」ページにて、詳しいご案内とお申し込み用紙のダウンロードが可能です。

    http://omsolar.jp/facilitie/guidance/
  • 2015年01月07日 更新

    日経産業新聞に実証実験プロジェクトが紹介されました

    日経産業新聞に実証実験プロジェクトが紹介されました
    本日(2015年1月7日)、日経産業新聞「環境・エネルギー」コーナーにて、OMソーラーが工務店と共に進める実証実験プロジェクトが紹介されました。
    本プロジェクトは、エアコンなどの設備に依存しない無暖房・無冷房の実現を目指して、気候条件の異なる全国5カ所の実証住宅を建築し、2014年〜2015年の2カ年で実測を行うもので、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)実証研究事業です。各地域でのモデルハウス建築も進み、1月から2月にかけては、各地域での見学会なども開催される予定です。
    OMソーラーのサイト専用ページ、専用facebookページにて、情報発信を行ってまいりますので、ぜひご覧ください。