(株)幸建設

(株)幸建設

(株)幸建設

工務店へ資料請求
(株)幸建設
(株)幸建設
工務店WEBサイトへ
http://www.k-yuki.co.jp/

(株)幸建設

(株)幸建設

  • プロフィール
  • 実例2
  • モデルハウス2
  • 見学会0
  • イベント0
  • プロフィール
  • 実例2
  • モデルハウス2
  • 見学会0
  • イベント0
  • プロフィール
  • 実例
  • モデルハウス
  • 見学会
  • イベント
  • 工務店へ資料請求

家づくりへの想い

木造建築本来の強さを活かしながら何世代にもわたって住み継げるような家づくりが大切だと私は思っています。そのためには建物自体が長持ちするだけでなく、住み心地の良さも長持ちしなければなりません。自然の恵みを活かしたOMソーラーによる自然で心地よい暖かさ、選び抜いた素材・美しい木組みがつくる上質な空気と温かみのある空間、これらが揃ってこそ本当の意味で住み継いでいける家だと思っています。

家づくりの特徴

・宮大工であった創業者から、60年以上にわたり木造建築にたずさわってきた技術を活かし、永く住み継げる家づくりをご提案しております。
・大分県の山で育ち製材された津江杉や、九州の大地の恵みであるシラスを原料とした塗壁など、地域の材を用いて、その土地の気候・風土と共に生きる住まいづくりを心掛けております。
・1棟1棟、住まい手様の暮らしや周辺環境を勘案した、オリジナルプランをご提案しています。雨に濡れないインナーガレージや、オリジナルキッチンなど暮らしを快適にする工夫を心がけております。

メンテナンス

お引渡し後、3ヶ月、半年、1年、2年、5年、10年目に定期点検を実施しています。
その他、ご要望に応じて随時お伺いしております。
また、住んでから10年、20年と経過し、暮らし方も変わり、間取りのご変更など検討される時期となった場合でも、お気軽にご相談いただける窓口として家守りを行ってまいります。

価格

延床面積、インナーガレージの有無などの条件によりことなりますが、本体価格で2,000~2,500万円程度にてお願いされることが多いです。

担当者より

環境問題や高齢化など、建物をつくる上での様々な課題が私たち作り手には課せられていると感じております。私は「設計」という仕事を通して、皆様の生活の基盤であり、一生の中で最も長い時間を過ごす建物である「家」を、快適で、価値あるものにするお手伝いをさせて頂ければと考えております。

見学会などのイベント企画・準備や広報全般を担当しています。幸建設に入る前は、設計事務所で設計業務に携わっていましたが、結婚・出産を経て、また違った視点で家づくりを考えるようにもなりました。子供が伸び伸び暮らせる住まい、女性が活き活き家事や仕事ができる住まい、そうした家づくりのお手伝いが出来ればと思っています。お住まいは十人十色。さまざまなお客様、ご家族との出会いが、いつもとても楽しみです。

工務店データ

会社名 (株)幸建設
所在地 〒874-0919
大分県別府市石垣東1-9-31
電話 0977-23-6231
ファックス 0977-24-7026
メールアドレス yukikensetu@k-yuki.co.jp
WEBサイト http://www.k-yuki.co.jp/
施工エリア 大分県内全域
施工実績 約10棟/年間(住宅のみ)
代表者 幸 勝美
資本金 2,500万円
社員数 11人
登録 建築業許可 大分県知事許可 特17 第850号
事務所登録 大分県知事登録 第13T-11492号
OM加盟 2004年
OM総合保証 加盟
ソーラー施工士 幸康史,秋吉勇
  • OM総合保証とは
  • ソーラー施工士とは
  • OM総合保証とは
  • ソーラー施工士とは
閉じる

OM総合保証は、家の建設中に工務店が倒産、または入居後の地盤沈下や雨漏り。
万一起こる事態に備えた、OM会員工務店組織による独自の保証制度です。
家の建設中に工務店が倒産してしまった場合は、完成まで別の会員工務店が施工を引き継ぐことで、家の完成を保証します。
入居後の地盤沈下や雨漏りなども、この保証が守ります。

OM総合保証

詳しくはOM総合保証サイトへ
http://www.om-hosyo.com/
閉じる

ソーラー施工士は、一般社団法人ソーラーシステム振興協会による「ソーラー施工士認定登録制度(太陽熱)」で認定された施工士です。
この制度は、太陽熱温水器、ソーラーシステム等の太陽熱利用機器の施工について、施工品質維持体制を構築するため設立されました。
一定期間の実務経験を持つ者にのみ受講資格があり試験合格者に認定が与えられます。

詳しくは般社団法人ソーラーシステム振興協会サイトへ
http://www.ssda.or.jp