里山の家(愛知県)

里山の家(愛知県)

周囲に梨畑が広がる、里山の風情を色濃く残した風景の中に建つOMソーラーの家。東西に長い建物は、冬は日射しがよく差し込み、夏には南北に風がよく抜ける。近所付き合いが色濃く残っていることから設けた二間続きの和室は、開けばLDKと繋がり、閉じれば客間として使えるようフレキシブルに対応できる。開いても閉じても使える空間の有効活用は、OMソーラーの賜物。