PELLET STOVE ほのか燦

ベッドから起きられない朝にも、底冷えの厳しい夜半にも
燦々と降り注ぐ太陽のような暖かさで、家全体を暖める。
炎のゆらめきを暮らしの中で愉しむ。
デザイン性と実用性を両立した、
高性能ペレットストーブ「ほのか燦」です。

製品の特長

  • 全館床暖房|家全体に暖かさを届ける全館床暖房
  • おそうじ簡単|自動クリーニング機能搭載 ※1
  • 安全設計|対震自動消火装置など4つの安全装置 ※2
  • 環境配慮|カーボンニュートラル木質ペレット燃料
アラート表示・火力調整・おはようタイマー

4段階の火力調整やタイマーでの自動点火、
トラブルのアラートなど、さまざまな機能を
一箇所で制御できる操作パネル。

※1 自動クリーニング機能とは定期的に燃焼部の灰をとばす機能です。 ※2 対震自動消火装置、過熱防止装置、点火安全装置、燃焼制御装置。

  • 自動で燃料の補給を行う働き者。家仕事に夢中になっても、暖かさを届けてくれる。

    自動で燃料の補給を行う働き者。
    家仕事に夢中になっても、暖かさを届けてくれる。

  • 足元から温風を。急いで温めたいときに役に立つ。

    足元から温風を。
    急いで温めたいときに役に立つ。

  • 暮らしのリズムの中でささっとお手入れができるのも、自動クリーニング機能のお陰。

    暮らしのリズムの中でささっとお手入れができるのも、自動クリーニング機能のお陰。

暖房のメカニズム

ほのか燦の燃焼と暖房のしくみイメージ ほのか燦の燃焼と暖房のしくみイメージ
  • 床暖房は温度ムラのない快適な空間を作り出す

    床暖房は温度ムラのない快適な空間を作り出す

    左からエアコン、ファンヒーター、床暖房をCDF(流体解析)シミュレーションし、暖房時の熱の流れ、温度分布を色で示したもの。
    吹き抜け空間でも床暖房は温度ムラがほとんどないことが分かります。
    提供:東京大学工学部建築学科 前真之研究所

  • 温度のバリアフリーでヒートショックを軽減

    温度のバリアフリーでヒートショックを軽減

    住宅内での温度のバリアフリー化は、ヒートショックなど住宅内での事故の低減につながると言われています。室温と入浴時の心拍数について、70代男性に協力していただき自宅とモデル住宅で調査。上図の通り、モデル住宅では、居間・脱衣所室温が20℃以上と暖かく安定している一方、自宅の脱衣所室温は13℃程度。自宅での入浴で心拍数が急上昇していることが分かります。
    提供:慶応義塾大学伊香賀俊治研究室

外観図・主要寸法

PS-711FOM(エルボ吹出)PS-711FOM(アシストファン吹出)

項目 単位 仕様値
型式 - PS-711F OM
温風吹出方式 - エルボ吹出し アシストファン吹出し
区分 - 密閉式木質ペレットストーブ
種類 - 直接送風燃焼式・強制給排気形・強制対流形
点火方式 - ヒータ点火式
使用燃料 - 木質ペレット(ホワイト・全木)
燃料消費量 最大 kg/h 1.70
最小 kg/h 0.80
発熱量(入力) 最大 kJ/h 33490(※1)
最小 kJ/h 15760(※1)
熱効率 最大 % 77
最小 % 77
暖房出力 最大 kW 7.1
最小 kW 3.3
暖房のめやす 寒冷地 木造 畳(m2) 19(31.5)
コンクリート 畳(m2) 29(48.0)
温暖地 木造 畳(m2) 18(29.5)
コンクリート 畳(m2) 25(41.5)
火力ごとの暖房出力 火力 P1 P2 P3 P4 P1 P2 P3 P4
kW 3.3 4.6 5.8 7.1 3.3 4.6 5.8 7.1
火力ごとの温風風量 (m3/h) 73 86 129 141 239
外形寸法(本体) mm 高さ 938、幅 490、奥行 543、(突起物含む)
質量(本体) kg 75
タンク容量 kg 13
電源電圧及び周波数 100(50Hz/60Hz)
定格消費電力 点火時 W 263/267
燃焼時 W 42/46
給排気筒の呼び径 mm 60
安全装置 - 対震自動消火装置、燃焼制御装置、点火安全装置、過熱防止装置
付属品 - お掃除ボックス、掃除ブラシ、ロストル、排気ダクトB、サイドカバー

※1 発熱量は、木質ペレットの発熱量19,700kJ/kgで計算しています。

  • 暖房のめやすの寒冷地とは「室内外温度差が30℃の地域」を指し、温暖地とは「室内外温度差が15℃の地域」を指します。
  • 寒冷地の木造とは「木造戸建二重窓・断熱材75mmの建物」を指し、コンクリートとは「コンクリート集合住宅の二重窓、断熱材30mmの建物」を指します。
  • 温暖地の木造とは「木造戸建住宅」、コンクリートとは「コンクリート集合住宅」を指しますが、いずれも一重窓で断熱材なしの建物です。
    したがって、木造住宅断熱材75mmを施してある場合は、約2倍の広さまで適応します。
  • 暖房のめやすは、社団法人・日本ガス石油機器工業会の算定基準によります。
ほのか燦に関するお問い合わせはこちら
.