冬のしくみ

冬のしくみ

冬のしくみ

冬、屋根に降り注ぐ太陽の熱や太陽光発電時に発生する熱を利用して空気を温め、それを床下に送り、基礎コンクリートに熱を蓄えます。蓄えた熱は、夕方以降ゆっくりと放熱して建物全体を床から温めます。また、OMソーラーシステムが稼働している間は、常に新鮮な外気を室内に取り込み換気します。 集熱で省エネし同時に発電により創エネするシステムをOMクワトロソーラーといいます。

夏のしくみ

夏のしくみ

夏のしくみ

春から秋にかけては、太陽の熱を利用して「お湯採り」ができます。地域によって差がありますが、30 ~ 50℃のお湯が 1日約 300リットル程度採れます。また、夏の晴れた日の夜は、放射冷却を利用して、涼しい外気を室内に取り込む「夜間外気取り込み」は、自然を活かした工夫です。