公共・民間の施設にもパッシブ建築が注目されています

OMソーラーの施設建築|パッシブソーラー施設で、持続可能な社会を。

冬のしくみ

屋根に降り注ぐ太陽の熱を利用して空気を温め、それを床下に送り、土間コンクリートに熱を蓄えます。蓄えた熱は、室温が下がると同時にゆっくりと放熱して建物全体を床から温めます。「OMソーラーシステム」が稼働している間は、常に新鮮な外気を室内に取り込み換気します。また、太陽光発電パネルを併用し、熱利用とともに発電を行うシステムを「OMクワトロソーラー」といいます。

冬のしくみ

冬の昼間

冬のしくみ

冬の夜間

夏のしくみ

屋根面に当たった日射熱をハンドリングボックスにて屋外に排出し建物内が熱くなるのを抑えるとともに、その排熱を利用してお湯をつくります。地域によって差がありますが1日50℃、300~500リットルのお湯ができます。また、夏の晴れた日の夜は、放射冷却により冷えた外の空気を床下に取り込むことで、建物内を少し涼しくするとともに、翌日の冷房負荷が抑えられます。

夏のしくみ

夏の昼間

夏のしくみ

夏の夜間