公共・民間の施設にもパッシブ建築が注目されています

OMソーラーの施設建築|パッシブソーラー施設で、持続可能な社会を。

医療

暖房 換気 省エネ お湯採り 安全

治療・療養・回復の場となる医院建築を考える上で、温熱環境と空気清浄性(換気)は大きなテーマです。OMソーラーによる低温の輻射暖房、新鮮空気を取り入れて暖房しながら換気する効果は、来訪者の緊張感や病院特有のにおいを抑える効果があります。

  • 2014年7月28日 更新

    Vol.01

    東川耳鼻咽喉科(広島県)医療

    東川耳鼻咽喉科(広島県) 東川耳鼻咽喉科(広島県)

    ほんの少しのアシストで患者さんも建物も劇的に改善される。

    医療で地域に貢献するのはもちろんのことですが、環境面においても何か貢献できることはないだろうか、と考えた院長の東川氏は、エコロジカルな医院を建てたいと関連雑誌に目を通し、その中でもっとも興味を持ったのはOMソーラーでした。「いろいろなものをごちゃ混ぜにして建物を建てるのではなく、小さなファンで自然エネルギーを活かし、建物全体に熱を回す単純なシステムがわかりやすくよかった」と話されます。完成してみるとOMソーラーの暖かさと、床もきれいなので土足利用から急遽スリッパ使用に変更。患者さんもそのほうがリラックスして利用できているようです。

    利用者の声(院長 東川俊彦氏)
    「患者さん自身の治癒力を少しアシストするだけで、劇的な改善が見られることがあります。OMも単純なシステムなのですが室内環境がガラリと変わるということを肌で感じています。」

    この記事が掲載されているOMレポートを取り寄せる

    ※情報は更新時のものです。

詳しい資料をご送付します。
資料請求

その他の実例

  • 文教

    文教

    暖房 換気 省エネ 環境教育 防災 シンボル

    OMソーラーによる輻射暖房と換気効果は、頭寒足熱の学習に適した室内環境を実現します。体育館では寒さ対策に加え、ハンドリングの自立運転機能が防災に期待されています。また、自然エネルギーの力を体感、学習する教材としても積極的に活用されています。

    詳細はこちら

  • 保育

    保育

    暖房 換気 省エネ お湯採り 環境教育 安全

    駆け回ったり、ハイハイしたり、お昼寝したり、小さなこどもは大人以上に床と接して生活していると言え、また、日々成長するこどもには、発達段階や活動量に応じた温熱環境が求められます。OMソーラーの床暖房、自然な温かさ、火を使わない安全性などの特徴は保育施設でも評価されています。

    詳細はこちら

  • 高齢者

    高齢者

    暖房 換気 省エネ お湯採り 安全

    OMソーラーによる全館暖房方式は部屋と部屋との温度差を緩和し、蓄熱の効果で明け方の室温を底上げすることなどから、高齢者の身体への負担を軽減することがわかってきています。同時に、換気効果によって施設特有のにおいを和らげることができます。入浴など給湯使用量が多い施設では、お湯採りで給湯エネルギーを削減できます。

    詳細はこちら

  • 社会福祉

    社会福祉

    暖房 換気 省エネ お湯採り 安全

    長時間人々が滞在し、また宿泊を伴う施設では、住宅のようなスケール感覚や使用材料の質感を大切にしている設計が多く見られます。OMソーラーは床から温める輻射暖房効果で、1日を通して温熱環境を整え、生活する人が過ごしやすい環境づくりに貢献します。

    詳細はこちら

  • 医療

    医療

    暖房 換気 省エネ お湯採り 安全

    治療・療養・回復の場となる医院建築を考える上で、温熱環境と空気清浄性(換気)は大きなテーマです。OMソーラーによる低温の輻射暖房、新鮮空気を取り入れて暖房しながら換気する効果は、来訪者の緊張感や病院特有のにおいを抑える効果があります。

    詳細はこちら

  • 庁舎・コミュニティ

    庁舎・コミュニティ

    暖房 換気 省エネ 防災 シンボル

    不特定多数の人が利用する公共施設や、常駐者のいない公民館などでは、OMソーラーの換気量が暖房効果にも増して期待されています。多くの人が交流する施設において、OMソーラーを含めた自然エネルギー利用の先進的な事例を示すことで、地域の再生エネルギー利用普及啓発を促すことができます。

    詳細はこちら

  • その他

    その他

    OMソーラーは公園施設、美術館、寺院建築、オフィス、集合住宅などさまざまな用途の建物に導入されています。暖房しながら換気ができるOMソーラーのシンプルなしくみ、熱的なバリアフリーの実現、ランニングコストの低減、お湯採りなど、建物の利用用途に合わせた計画が可能です。

    詳細はこちら