医療

暖房 換気 省エネ お湯採り 安全

治療・療養・回復の場となる医院建築を考える上で、温熱環境と空気清浄性(換気)は大きなテーマです。OMソーラーによる低温の輻射暖房、新鮮空気を取り入れて暖房しながら換気する効果は、来訪者の緊張感や病院特有のにおいを抑える効果があります。

  • 2014年7月28日 更新

    Vol.01

    東川耳鼻咽喉科(広島県)医療

    東川耳鼻咽喉科(広島県) 東川耳鼻咽喉科(広島県)

    ほんの少しのアシストで患者さんも建物も劇的に改善される。

    医療で地域に貢献するのはもちろんのことですが、環境面においても何か貢献できることはないだろうか、と考えた院長の東川氏は、エコロジカルな医院を建てたいと関連雑誌に目を通し、その中でもっとも興味を持ったのはOMソーラーでした。「いろいろなものをごちゃ混ぜにして建物を建てるのではなく、小さなファンで自然エネルギーを活かし、建物全体に熱を回す単純なシステムがわかりやすくよかった」と話されます。完成してみるとOMソーラーの暖かさと、床もきれいなので土足利用から急遽スリッパ使用に変更。患者さんもそのほうがリラックスして利用できているようです。

    利用者の声(院長 東川俊彦氏)
    「患者さん自身の治癒力を少しアシストするだけで、劇的な改善が見られることがあります。OMも単純なシステムなのですが室内環境がガラリと変わるということを肌で感じています。」

    この記事が掲載されているOMレポートを取り寄せる

    ※情報は更新時のものです。

詳しい資料をご送付します。
資料請求