公共・民間の施設にもパッシブ建築が注目されています

OMソーラーの施設建築|パッシブソーラー施設で、持続可能な社会を。

換気効果

室内のCO2濃度からわかる
OMソーラーの換気効果

静岡県内の中学校教室のCO2濃度を測定したところ、OMソーラー稼働日と停止日(教室使用状況が似通っている時間帯を比較)で、平均570ppmの違いが計測されました。
室内のCO2濃度の上昇は、眠気ややる気の低下につながるとも言われており、教室などの学習環境の換気は室内環境向上に大きな要素と言えます。
OMソーラー運転中は外の新鮮な空気を太陽熱で温めながら取り入れているため、室内の換気が促進されています。
高齢者施設、クリニックなどでも換気によるにおい低減効果が認められています。

CO2濃度の時間変化
①CO2濃度の時間変化
OMソーラーによる換気量
②OMソーラーによる換気量
室温・外気温の変化
③室温・外気温の変化
測定した教室の様子
測定した教室の様子