OM羅針盤

OM羅針盤

このコーナーでは、私たちが家づくりの提案や研究開発の上で、
大切に考えていることをテーマごとにお伝えしていきます。

第一回
OMソーラーが考えるよい家とは

環境と共生する

地域建築の創造と普及を通じて

社会貢献を。

これは私たちが1987年の創業時より掲げている企業理念です。

「環境と共生する地域建築」というと少し難しい感じがするかもしれませんが、冬に暖かい光をたっぷり取り込める家、初夏の爽やかな風が庭から部屋を通り抜ける家など、身近にある自然の恵みと上手につきあえる家づくりが、環境と共生する建築の第一歩です。

吉村順三と奥村昭雄の仕事を振り返る

帰ってきて、ホッとした気分になれる家。そんな家を私たちはよい家と考えます。この「ホッとする心地よさ」のためにはいろいろな要素があり、家に求めるものによって人それぞれ、百者百様の正解があるため、とても一言でいい表す事は難しいのですが、私たちOMソーラーでは、豊かな温熱環境、自然エネルギー、その中でも太陽熱を利用した省エネ性能、そして、カッコいいデザインを兼ね備えていることが大切と考えています。

昔ながらの民家や町家にも自然と上手につきあう工夫が多くあり、それがその土地特有の家のデザインともつながっていましたが、その現代版とも言える「パッシブデザイン」による家づくりが私たちの理想の姿です。自然とのつきあい方はあまり気にせずに、建物性能だけにこだわったり、最新設備に依存して流行りのデザインの採用や人気の家電、家具などを並べるに留まっている家づくりも多く見られますが、そういった家では、冷暖房費が異常に掛かったり、リビングに差し込む光がまぶしすぎたり、風通しや換気が不十分であったりと、快適とは程遠い家も少なくありません。

また最近では、建物や設備の省エネ化や太陽光発電の設置によって暖冷房や給湯、照明で使うエネルギーをゼロにする「ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)」という取り組みが盛んになり、省エネ性能を競い合うような風潮もあります。もちろん省エネは家づくりに欠かすことができない重要な条件の一つであり、太陽エネルギー活用をする私たちにとっても大変重要な課題ですが、それだけに偏るのは、長い年月を過ごす家のあり方としては非常に心もとないのではないかと考えます。

OMソーラーの仕事

ここからの話を深めるために、私たちの仕事についてお話させていただきます。

私たちが提案する主力製品のOMソーラーシステムは、太陽の熱を床下全体に送ることで足元から部屋を温めるしくみです。自然を相手にしたしくみは、天候の変化、建物のつくり方によってその恩恵は大きく変化するため、「熱と空気をデザインする」を合言葉にシステムの開発から家のつくり方について工夫を積み重ねてきました。

関連ページOMソーラーの歴史

「ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)」が言われる十数年も昔から「エネルギー自給住宅」を掲げ、太陽熱利用と太陽光発電を併用するシステムに取り組んでおり、今では「OMクワトロソーラー」として販売しております。また、「熱と空気をデザインする」のコンセプトの派生商品として、パッシブデザインの家に最適なエアコン「パッシブエアコン」にも力を入れています。

パッシブエアコン
パッシブエアコン
パッシブエアコン
関連ページパッシブエアコン

そしてOMソーラーの家づくりのパートナーとしては、その土地の気候風土や材料にも詳しい地域工務店をふさわしいと考えました。そういった地域工務店の中でOMソーラーの考え方に共感し、技術を身につけ、ともに研鑽してきたのがOMソーラーの会員工務店です。OM会員工務店は、工務店として備えるべき能力や情報を内外の研修プログラムなどにも積極的に参加して培いながら、設計スクールや会員同士の見学、勉強会などを通じてより高い設計力、施工力を身につける努力をしています。全国的な工務店団体などにおいても主導的な役割を務める会員が多いことは、その実力を示すものであると言えます。

家づくりのパートナー
家づくりのパートナー
家づくりのパートナー
家づくりのパートナー
関連ページ会員工務店一覧

また、家は入居してからが本当のスタートです。つくるだけではなく、住み継いでいくための担い手としても地域に根ざした活動をする工務店の存在は心強いものです。そして、万一、施工した工務店にメンテナンス等を依頼できなくなった場合はOMソーラーのネットワークを活かした保証制度や製品保証がバックアップします。「住み始めてからの安心も用意されていること」。これも私たちが考える「よい家」の大切な条件です。

関連ページ保証・ローン

これらを前提として家の最大の目的とは…

第一回
OMソーラーが
考える良い家とは
第二回
OMソーラーと
四季の暮らし
第三回
10月末
更新予定