OMシミュレーション

OMシミュレーション地域により自然環境と建物の関係はさまざまです。
OMシミュレーションは、地域の気象や季節により変わる風向き、
建物のデータ、住まいてのライフスタイル。
家の温熱環境を模擬的に作り、
OMが理想とする、室内熱環境のなだらかな曲線をかなえるために、
シミュレーションを利用してプランの検討を行います。
設計者が基本設計の段階から
この数値を使用して設計の完成度を高めます。

基本三要素のバランス

基本三要素のバランス

「OMシミュレーション」は、アメダスデータを使って各地の気象を読むことから始まります。設計者は、この読み込みから、その地域の日射量や風向風速などの外部環境を生かした設計のラフプランを考えます。
ラフプランが出来上がると、次に、建物の工・構法、大きさや材料構成、機器の種類などのデータを入力し、設計する建物がどの位の温熱環境になるかを予測します。「断熱が足りているか」「どこから熱が逃げているか」「OMの集熱量は多いか、少ないか」「室温はどうか」などを確かめ、満足できる結果が得られるまで設計を改善していきます。
具体的には、その建物の、A.集熱、B.蓄熱、C.断熱・気密のバランスを確認します。

A.集熱
集熱は、地域気候特性(日射量・気温・風速等)や集熱部(ガラス有り集熱部・ガラス無し集熱部)の幅・長さ・勾配・方位・集熱方法によって決まります。
B.蓄熱
蓄熱は、昼間の室温の過度な温度上昇(オーバーヒート)の防止や、夜間の室温低下の抑制など、室内温度環境の変化を緩和するものです。蓄熱と集熱とのバランスも検討します。
C.断熱・気密
自然の力を利用するパッシブ手法は、取り入れたエネルギーを外に逃がさない断熱・気密が必要です。シミュレーションでは、同じ断熱性能の建材を、様々な材料との組み合わせで検討や、建物性能から建材のコストの検討にも用いることができます。
※材料単体の熱性能から、屋根や床・壁などの各部位の構成材料の断熱性を事前に計算・登録しておくことができるプログラムも用意されています。
基本三要素のバランス

8つの入力項目

OMシミュレーションではプランの検討をするにあたって、入力画面上では項目を8つの分類を分けて行います。

1.基本情報
建物の名称や設計者・施工者名などの表書きです。
2.建物概要
建物の形式や屋根勾配や換気回数、希望する機能、建物床面積などの、その建物の基本的条件を入力します。
3.壁体の登録
屋根、天井、壁、床などの構成材料を登録します。
4.開口部の登録
窓の取り付け方位や種類、夏季の日射遮蔽や冬季の夜間断熱などを登録します。
5.ドアの登録
玄関ドアなどの性能や面積を登録します。
6.部位壁体面積の登録
屋根、天井、壁、床の面積を入力し、構成材料を部位別に選択します。
7.OMシステム
集熱屋根方位やハンドリングの種類、貯湯槽の設定条件など、OMソーラーの機能に関係する内容を選択します。
8.冷暖房の運転設定
暖冷房のON・OFF、温湿度の設定条件の他に、建物にいる人数や、調理や照明などの生活パターンデータを入力します。

OMシミュレーションでは全国に842地点ある気象データから、計画中の建設地から最寄りの地点のデータを使って計算を行います。
→日本の気象

8つの入力項目

結果

  • OM SIMULATION 結果
  • OM SIMULATION 結果
  • OM SIMULATION 結果

入力が終わると、その地域に建物を建てた場合の室内温熱環境シミュレーション結果(集熱温度、集熱風量、集熱量、室温、床表面温度、冷暖房機器の必要能力など)が算出されます。 計算結果は、一日毎の数値変化の他に、月間や年間の積算値、平均値の集計結果も表示します。そして、このシミュレーション結果をもとに、検討を繰り返し行うことで、理想に近い建物を建てる事ができます。 その他、このシミュレーションでは、こうした室内温熱環境の予測とともに、省エネルギー率やCO2削減量などの予測、平成25年1月に交付された省エネルギー基準に沿った、建物の外皮性能と一時エネルギー消費量を指標とする評価も行うことができます。
このように、環境に対する負荷も含め、建物によって生み出されるさまざまな環境を、シミュレーション上で十二分に検討した上で「本設計」へ進むことができる点は、OMソーラー独自の大きな特長と言えます。

シミュレーションで得られた計算結果を工務店がお客様に分かりやすく伝えるためのツールです。気象データや風配図で地域の気候特性を表示、OMソーラーの働きから建物でのOMソーラーの貢献度を示します。また、その地域における一般の住宅と比較することで、ラフプランにおける建物の省エネルギー性能、CO2削減量を示します。